元巨人の村田修一選手に注目

 昨年巨人から契約解除され行く先が注目されていた村田選手。

 実績、実力がありながら、他球団からのオファーがなく、結局、独立リーグのチームに入りました。

 そこでまた十分できる実力を示し、12球団のチームへの復帰を目指しています。

 ここ数年打力にむらがありました。

 なかなかチャンスに打てないという姿を見ました。

 まだまだやれる年齢です。

 打力復活すれば、12球団のチームに復帰も十分可能性があります。

 年齢的に見て、長打力よりシュアなバッティングがカギではないかと見ます。

(アーカイブス)
2014/04/26(土)
どうなっている理研調査
 小保方さん1人を不正、ねつ造の責任者と言い切った理研調査委員会の委員長に続き委員3人の論文疑惑とさらに事態がややっこしくなりました。

 こうなると「私の場合とは違う」という言い訳が説得力を持ちません。

 調査委からの辞任で済む問題ではない構造的なものを感じます。

 今から考えると、たとえ小保方さんが責任者であったとしても、あの調査委会見は言い過ぎだったのか。

 何が本当で何が真実か。

 1年後の検証結果を待つしかないのか。

 大方の人は原因も結果も忘れているでしょう。

 ジェットコースターの上下動のように攻守入れ換わり、どこがどうなったのかも分からなくなるのではないでしょうか。

 言えるのは理研があまり確固とした組織ではないということ。

 研究者の生活は厳しいこと。

 純粋な学問にもお金の問題が常に漂うこと。

 表の華やかな世界の裏はかなりどろどろしているのではないか。

 こういうと言い過ぎなら、結構学問の世界はある程度自由な雰囲気といえば、当たり障りがないのかもしれません。


      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR