FC2ブログ

小説『断崖』について

 ロシアの文豪ゴンチャロフの幻の名作長編小説といわれます。

 文庫本にして全5冊の大作です。

 ただ、完成まで年数がかかり、テーマが若干薄まった感があります。

 私個人としては、主人公の存在感が弱い気がします。

 どちらかというと祖母が一番確固とした信念の人として、主人公より強いインパクトを与えます。

 基本、恋愛小説ですが、その裏に西欧の保守対革新の戦いがあります。

 このテーマは昨年来読んだドイツの長編名作小説にも共通のテーマです。

 面白いのは岩波文庫の復刻版の表紙裏の解説に、主人公の恋愛話について「冗長とも思えるやり取り」と書いてあったことです。

 長い小説で、どちらかというと行きつく先が読めないやり取りが当の文庫本関係者にも「長い」と思わせていたんだということです。

 ちなみに明治の文豪、文学史に必ず出てくる二葉亭四迷の愛読書ということです。

(アーカイブス)
2014/03/08(土)
田中マー君は技巧派で生きるべき
 ストレートは大リーグでは平凡なスピードになってしまいます。

 コントロールに気をつけ、注意をしないと餌食になります。

 また、生命線ともいえるスプリットボールも多投すると馴れられる可能性もあります。

 コントロールの良いストレートを軸にスプリット以外の球種も身につけ、頭脳的にバッターを攻める必要があります。

 大リーグはやはりレベルが高いです。
   
      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR