FC2ブログ

『夜明け前』から明治維新を考える

 島崎藤村といえば抒情詩からその小説も叙情的なものと思い込んでいました。

 しかし、『夜明け前』はノンフィクションに近い歴史小説でした。

 それも幕末から明治維新にかけての激動期を抑えたタッチで描いたものです。

 淡々と書いてありますから、少し読み難いのは確かです。

 面白味には欠けるかもしれません。

 かなり事実というか真実に近いのではないかと思います。

 歴史の勉強になります。

 そして、映画・演劇に表されているような元勲の明治維新とは違った庶民の目線から捉えられています。

 庶民といっても、いわゆる下々ではなく宿役人、士族ではない有産没落階級とも言えます。

 そこから感じる維新は、革命というよりはクーデターに近いということです。

 所詮、上が変わっただけといっては身も蓋もないかもしれませんが。

 西郷隆盛が維新後に不満だったのも分かる気がします。

    だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR