FC2ブログ

アメリカ人よりロシア人のほうにシンパシー

 あくまで人の話で、国ではありません。

 アメリカ人の自己主張の強さ、つまらないジョークに馬鹿笑い、こうしたイメージ(あくまでイメージ)は何かかなり違う気がします。

 片やロシア人、割と寡黙で、結構義理堅く、人情味がある(あくまでイメージ)。
 
 親近感があります。

 ロシアは旅行経験があり、アメリカはハワイだけという印象だけですが………

 ですが、結構当たっているような気もします。

 国レベルでは違う話ですが、やはりアジア人はかなり気質的に近い感じがします。

 国際感覚としてはかなりの偏見かもしれません。

(アーカイブス)
2013/06/01(土)
クレージーキャッツの映画本
 図書館で、クレージーキャッツの映画本を立ち読みしました。

 昭和30年代中盤から40年代中盤まで、よくこれほどの喜劇映画を作ったものと感じました。

 まさに昭和の歴史的遺産といってよいと思います。

 今から考えると決して良い時代だったとは言い切れませんが、このずらっと並ぶ映画の記録を見ると、昭和が「いい時代だったな」と言いたくなります。

 主演の植木等氏が、主人公のキャラの全く正反対の真面目人間で、そのギャップも面白いところです。

 氏はかなり葛藤もあったとのことです。

 全盛期には1年に12本出演という快挙も成し遂げ、体も壊したといいます。

 かなりやけくそで(いい意味で)演じていたのでなないでしょうか。

 そこまでしないと、大衆にアピールするものを作れない厳しさも感じました。

 観るほうは笑ってスカッとしますが、演じる人、作るほうは大変だったでしょう。

       だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR