FC2ブログ

ボールペンが使い切れない

 貧乏性の身としては、まだ、インクが外から見えているのに書けなくなるのがもったいない。

 何本もボールペンがある中で、ごくまれにそういうペンがあるのなら、あきらめもつくが、結構そうしたボールペンが多い。

 どうやら安価なボールペンの弱点が先端のボールにあるようです。

 摩耗して、ボールがうまく回転せず、インクがあっても書けなくなります。

 温めると、少しの間は書けるようになる。

 ただ、それもつかの間。

 結局、書けません。

 安いボールペンですが、やはりもったいない。

(アーカイブス)
2013/04/18(木)
わが意を得たり! 池上彰氏
 セミナーで、手もと資料と会場のスライドが一緒だとがっくりします。

 こういうセミナーは大抵、資料通り一言一句説明していきます。

 資料を読めば済むし、何の発見もないし、退屈です。

 しかし、実際はこうしたセミナーが多い、というよりほとんどです。

 それでよし、と思っているのでしょう。
 
 ですから、私はこうしたセミナーに出て、アンケートがあった場合、資料とスライドが一緒なのは「意味がない」と書いたことがあります。

 こういうことを考えているのは、自分だけかなと思っていたら、池上彰氏が言ってくれていました。

 『わかりやす<伝える>技術』(講談社現代新書)のP6です。

 「資料は見ればわかるだろう。ここは朗読会ではないんだから、資料を補足する説明をしてくれよ」とカギカッコで言っています。

 そのとおり!

 こうした説明は、ただ読むだけなので退屈だし、時間が無駄に流れるだけ。

 頭が腐ってしまいます。

 時間の無駄です。

 でも、こうしたセミナーは多い。

 いや、ほとんどです。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR