FC2ブログ

東京五輪の映画見る

 お正月の特別番組で昭和39年、1964年の東京オリンピックの映画を放送していました。

 公開後、学校で地元公民館に鑑賞に行ったことも思い出しました。

 巨匠、市川崑監督作品。

 公開されて、だいぶ批判されたようです。

 今、大人になって改めて観て、感じるのは、「ずいぶん情緒的な映画だな」ということでした。

 オリンピックの記録としてみると、批判されるかもしれないということです。

 いろいろな競技があり、映画という表現の中、観客を意識すると、時間的制約があり、すべて扱うわけにはいかない。

 その中で、記録よりもどちらかというと、ドラマ性、記憶に残る場面を重視したということでしょう。

 しかし、当時の古き日本の姿がそのまま背景に映っており、逆にとても感じ入りました。

 こういう映画が当然あってよいとも思いました。

(アーカイブス)
2013/03/02(土)
穴場のパン屋さん
 手作りパン屋さんは、結構多く、かなりの激戦状況です。

 しかし、値段はどこも、まとめて買うと、すぐに千円は超え、決してお安くはありません。

 昔から開いている、少し店構えが古く、おじさんおばさんが夫婦で営業している店で、美味しい上に値段も安い店があります。

 ただし、ぱっと見で、通り過ぎることはあっても、中に入るには、結構、勇気がいります。

 穴場です。

 利益はあると思いますが、他のパン屋のように従業員に給料を払わない分、お安いのです。

 品ぞろえは豊富ではありません。

 でも、普通の食パンも美味しい。

 いいところを見つけました。

       だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR