FC2ブログ

ドナルド・キーン氏のもっともな批判

 東京新聞紙上のエッセイで日本文学研究者のドナルド・キーン氏がリオ五輪一辺倒の報道を批判していました。
 
 同じことを考えていた人が多く、新聞社に同感の反響が多く寄せられたということです。

 私もテレビでどのチャンネルを回しても五輪中継ばかりで、辟易していました。

 報道姿勢もメダル獲得についてばかり、解説も解説しないで、応援ばかり。

 一億総興奮社会かと思うほどの異常な状況でした。

 普通の番組、ニュースが見たいと思っている人にとっては、苦々しい思いで過ごしました。

 スポーツもよいのですが、それ以外の報道もして、普通の番組も放送するという、普通の態度がなぜ取れないのか。

 東京新聞はキーン氏の批判に少し応えただけましかもしれません。

(アーカイブス)
2012/10/01(月)
基本が大切
 自分は大丈夫、こんな基本的なことは知っている、と思った時が危ない。

 研修を受けると、そうした思いになることがあります。

 油断大敵。

 特に知識、情報を仕事にしている士業の人にとって、知識不足や判断ミスが致命的になります。

 そのために、顧客の損害を想定しての保険もあるくらいです。

 判断ミスを防ぐには、組織的に、第三者がチェックする仕組みがあると、かなりのミスが防げます。

 会社がそうです。

 しかし、会社や官公署でも、ミスがあり、ニュースになることもあります。

 ミスは必ず起こるものとして、常に基本に返り、自分でチェックする。

 ミスは案外重大な事態になるまで発覚しないので、まず、自己でチェックして、絶えず修正していくことが大切になってくる。

 そのための方法、心構えが、基本ということです。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR