FC2ブログ

歴史について考える

 ほんのわずか100年ちょと前、日本は江戸時代でした。

 時代劇の世界、刀を差した武士、髷を結って、皆着物を着て、肉をほとんど食べていませんでした。

 ほんのわずか前です。

 過ぎ去ってしまえばはるか昔のように感じますが、3世代前当たりは全く時代劇世界でした。

 人間自体も今と中身は変わりなかったはずです。

 現代人は、中身もよほど進化したかのごとくおごっているようです。

 進化しているどころか、当たり前のように技術の恩恵にあずかっているので、中身は退化しているかもしれません。

 歴史を学ぶのは、現在の問題の解決、未来への展望とつながる大切な方法になります。

 単なる懐古趣味ではないはずです。

(アーカイブス)
2012/09/03(月)
祝日の感じが違う
 法律の改正で、連休となるよう、国民の祝日が一定の日に決まらないようになりました。

 昔の感覚なら、敬老の日は9月15日、成人の日は1月15日と決まっていました。

 春分の日、秋分の日は、さすがに昔も1日の違いはありましたが、どうも決まった日でないと、祝日感が薄い感じです。

 連休が増えて、休みやすくなったことは事実です。

 そういえば、昔は振り替え休日もなくて、日曜日に重なると1日お休みを損した気になりました。

 昔のことを言えば、土曜日は、半ドン。

 ドンは、お休みの合図の太鼓や花火の音という説があります。

 土曜日の午後からの解放感は、後1日休みがあるという格別のものがありました。

 今は、そういう解放感が薄くなりました。

 休みが多くなったからかもしれません。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR