FC2ブログ

雑草と遺伝子組み換え作物

 バイオテクノロジーの成果である遺伝子組み換え作物。

 日本はまだかなりの抵抗があり、消費者は用心しています。

 しかし、化学的処理を施して、同じような効果を狙った種子はすでに当たり前になっています。

 遺伝子組み換え作物といえば対害虫対策が頭に浮かびますが、私が最大のメリットではないかと思うのが雑草対策です。

 要するに雑草除去農薬とセットで、作物以外の雑草を農薬で一切排除するということです。

 この遺伝子組み換え作物の種の値段は高い。

 多国籍企業が寡占状態で販売し、莫大な収益を上げています。

 というのも雑草除去効果は1年で最大、2年目以降は急激に低くなり、農家は雑草対策には1年ごとに新しい種子を買う必要がある。

 種会社がぼろ儲けする構造です。

 最初から仕組みを知っていれば、買わなければいいのではと外野は思うかもしれません。

 大多数の農家は高齢化、後継者不足の人手が足りない状態です。

 最大の問題、雑草対策には、分かっていてもこの種を使うしかない。

 単に将来、次代世代への影響という漠然とした不安ではなく、直近の目の前の切実な問題が厳然としてあります。

2012/07/13(金)
うどんは硬過ぎてもいや
 うどんはコシ、ということが良く言われます。

 シコシコ感です。

 しかし、このコシと硬さが良く誤って考えられているのでは、と思ってしまいます。

 硬ければよいと思っている人がいるくらい、硬いうどんがあります。

 これはいけません。

 ツルツル感がなくなります。

 ツルツル、シコシコでないと好みではありません。

 案外、シコシコ感を求めて硬い麺が多いのに、がっかりさせられます。

        だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR