FC2ブログ

舛添という人

 推測ですが、初めから政治家を一つの就職先と考え、蓄財の手段と考えていたのではないか。

 それくらい、細かく、用意周到に実践、行動しています。

 そして、周りが違和感なく、シンクロするように、同調、盛り上げている感があります。

 個人の問題とともに組織的な問題、欠陥を含んでいる気がしてなりません。

 今、まさに参院選、そして新しい知事選と選挙の季節に入りました。

 政治家は自分に投票してと絶叫する前に、自らの理念、行動をただし、反省の上で選挙戦を活動してほしい。

 そこを選挙民は必ず見ているし、そうしないと、失敗を繰り返すだけです。

(アーカイブス)
2012/07/13(金)
「知る」と「分かる」の違い
 知識を売る仕事では、知識の量はあるが、実際に体験していないことが多々あります。

 頭では知っていても、いざ、実践となると、戸惑うことがあります。

 理論と実務の違い。

 やはり経験していないと、心もとない。

 一つ一つの経験の積み重ねが、知識と相まって、深い理解へと深化していきます。

 そう考えると、何の仕事でも、同じことが言えるのではないでしょうか。

 最初からうまくはいかない。

 試行錯誤で、経験し、理論とつながり、自分独自の方法を生みだして初めて、分かることになる。

 知っていることと分かることの間には大変深い溝があります。

     だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR