FC2ブログ

同一労働同一賃金とは

 言われてみれば当たり前です。

 しかし、改めて考えると深い問題です。

 正規従業員とパート・アルバイト、派遣など非正規職員、短時間労働者の人との賃金格差が根底にあります。

 今までは同一労働ではないという認識がありました。

 当然、賃金が違うという結論が出ます。

 ただ、非正規の労働者が全労働者の4割近くになり、さらに政府の一億総活躍社会という方針、流れから、労働条件を見直さなければならない事態になってきました。

 問題は一見同一労働でも責任度合い、管理監督権をどう見るかです。

 労働力投下量が成果と直接結びつく労働集約的業務では、同一労働同一賃金と定めやすい。

 それ以外の事務的作業、企画立案業務ではなかなか同一労働か決められない。

 言葉では簡単ですが、実際の企業活動、労働面ではまだまだ実現には時間がかかるでしょう。

(アーカイブス)
2012/06/29(金)
ジャガイモの収穫
 ジャガイモの収穫の時期です。

 新じゃがは小粒ですが、皮が薄く、皮ごとでも美味しく食べられます。

 収穫は、うまく生っていると楽しいものです。種イモの植え付けから見ていましたので、期待していました。

 まあまあの出来と私は思いました。

 昔のジャガイモの収穫はこの時期1回だったようですが、最近はもう1回植えて秋に収穫するのが当たり前になり、量、大きさとも秋の収穫のほうが豊作になるようです。

 今回の収穫は、キタアカリと男爵の2品種。

 違いは、キタアカリは芽のところが赤く、実の色が全体に濃い。

 男爵は、実の色がキタアカリに比べて全体に白っぽい。

 それほど大きな差がないので、ぱっと見ただけでは見分けがつかなく、間違えます。

 味はキタアカリがねっとりとしてるのに対し、男爵はホクホク。

 キタアカリがポテトサラダ、マッシュポテトに合っているのに対し、男爵はフライドポテト類があっている感じです。

 同じ日、玉ねぎも収穫しましたが、こちらは未成熟に終わりました。

 小さい粒のままの小玉ねぎで、売り物にはなりません。

 こちらも手間暇かけて苗から植えた記憶があり、残念です。

 小玉ねぎも煮物用にはなりますから、分けてもらいました。

         だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR