FC2ブログ

話の内容より声と外見に9割惹きつけられるマスコミ

 経歴詐称のコメンテーターが話題です。

 個人的には、やっかみととらえられそうですが、「いつも詰まんねーコメントを出しやがって、ケッ」と思っていました。

 しかし、声は良く、外見もハーフでイケメンで、人(特に女性)は惹きつけられるのかなと推測(あくまで)しつつ、コメントそのものは受け流していました。

 腹が立つのは、業界人が、身内感覚でかばっていたことです。
 
 中身がないコメントをありがたがって聞いて、取り繕っていた事実を弁解するだけ。

 お詫びの言葉はあっても、何か心からの反省の様子がありません。

 声と外見が良く、うまく取り繕うのも才能の一種と言えば一種です。

 だから、都合良く、このコメンテーターを非難しつつ、自己弁護を行う業界に一番納得いきません。

 正義の味方よろしく世の中を批評批判している業界も身内のトラブルには甘い。

 見栄えだけで判断せず、視聴者、聴取者に本当にためになるコメンテーターを起用しているか。

 それを言葉、外見だけでなく、実行してほしい。

 しかし、期待するほうに無理があるかもしれません。

 既存のマスコミ情報は話半分だけでなく、話1割と思って聞いたほうが良い。

 ネット情報のほうがよほど真実を伝えています。

(アーカイブス)
2012/04/02(月)
尻すぼみだった世界卓球
 本当に面白く、そして、見ていて苦しくなるくらいの世界卓球でした。

 結果、男子は銅メダル、女子はメダルを逃しました。

 世界一は遠い。

 接戦をしのぎ切る強さがまだ不足しています。

 それは体力であり、技術であり、精神力ということになるのでしょう。

 普段の練習で、人一倍その大切さを知っている選手が、それでも、他の一流選手に負けてしまう。

 世界で勝つことのむずかしさを今回、また、肌身にしみて実感されたのではないでしょうか。

 スポーツ選手のピークは短く、相手を上回るための時間は限られている。

 それでも挑戦はやめない。

 今回の結果は到底満足できるものではなく、最後に勝利をつかむための最終ステップとして受け止め、次回のオリンピックを注目します。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR