FC2ブログ

経済小説は図書館から借りる

 本は買わなくなりました。

 特に経済小説はなかなか手に取りにくい。

 しかし、図書館で借りるとなると別です。

 ですから、結構、経済小説は図書館のおかげで読まさせていただいています。

 清水一行、池井戸潤、真山仁、高杉良、さらに大御所では城山三郎など。

 図書館様様です。

 買うとなると二の足を踏む経済小説ですが、読んでみると面白いし、勉強になります。

 ただ、あまり面白くない作家というか、作品も中にはあります。

 あまり教科書的なものはつまりません。

 経済とともに登場人物に興味深い魅力がないと最後まで読めません。

 その意味で言うと、現実の事件になぞらえたモデル小説ですとたまりません。

 名誉棄損で裁判に発展したり、作家にはリスキーですが、真実が見えます。

(アーカイブス)
2012/02/29(水)
潔い川内優輝選手
 2月26日の東京マラソンで、注目された公務員・市民ランナー選手、川内優輝選手が14位となりました。

 優勝か、それに近い成績で、タイムも2時間7分台が期待されていたところで、この結果となり、まず、周囲が落胆し、ご本人は頭をそって、会見されました。

 オリンピック代表をあきらめた口ぶりで、大変潔い、爽やかな印象を受けました。

 市民ランナーで、組織的に戦っていない選手ですから、今までにない選手です。

 2位になった藤原新選手も、今は実業団リーグを離れ、一人で競技生活に臨んでいます。

 日本のマラソン選手のイメージは、ストップウォッチを手にしたコーチが傍らにいて、選手を叱咤激励しているという感じです。

 しかし、川内選手は、協力者はいるものの原則一人。

 練習を終えて、一人でお蕎麦屋さんで、うどんにかつ丼セットを食べているのを特集番組で観ました。

 こういうスタイルは好ましく、今までのスポーツ選手の枠を超えていると感じました。

 普通の人、普通のライフスタイルで、高度の競技者です。

 新しいタイプのスポーツ選手ですから、本当は是非ロンドンオリンピックに行って活躍してもらいたいと、知れば知るほど思います。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR