FC2ブログ

サッカー男子リオ五輪アジア予選を見て

 日本の中盤がボールを支配できず、ばたばた落ち着きがないという見方に同感です。

 ヨーロッパの一流リーグのトップチームを見ているとボールのキープ力、スピード感が違います。

 日本はマイボールにしてもすぐに相手に奪われるので、いつも慌てふためいているように見えます。

 ボールの出し手もさることながら受け手の技術、スピードが違うのです。

 これは日本だけでなく韓国など他のアジア諸国とも共通した弱点です。

 単なる足下の技術ではなく、動きの中でのキープ力、受け手の走り、技術などがかなり改善すべき必要があります。

 これを克服しない限り、到底世界に通用するサッカーとなりません。

 指導者はもちろん、選手が自覚して積極的に取り組まない限り、ワールドカップでの勝利は遠いでしょう。

(アーカイブス)
2012/02/11(土)
年金論議で、だれも言わない最大の問題
 年金論議について、私は再三言っていますが、誰も言ってない、最大の問題があります。

 制度の仕組み、運用が難しいということです。

 もともと年金の議論が、沸騰したのは、安倍内閣の頃の消えた年金問題、その後の年金未納問題からです。

 これは年金制度の運用が適正に行われなかったから問題が生じました。

 仕組みをいくらいじっても、それを運用する人、組織が機能していなかったら、いくら良い仕組み・制度も意味がありません。

 新しい年金制度、修正した年金制度、いずれにせよ、現行制度と併存していきます。

 現行制度も旧制度と併存しており、大変複雑な制度になっています。

 その上、さらに、新しい制度、修正した制度になると、さらに、複雑な制度となります。

 専門家でも、簡単に口頭で答えるのが難しくなってきます。

 誤った解釈、運用が出てくることが、想像できます。

 そうすると、また、大問題になるでしょう。

 国会、厚労省、学識経験者、民間が、現在、将来、公平、適正を考えて、より良い制度を作ろうとしているのは分かります。

 しかし、その前に、まず、現行制度と移行制度の経過措置を含め、分かりやすい制度にしないと、とんでもないことになりそうです。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR