FC2ブログ

真のアンガーマネジメント

 怒ることは我慢することではないはずです。

 怒ることは感情ですから我慢しても怒ることは発生します。

 大事なのはうまく発散すること。

 だから怒りは怒りとして自覚して、うまく表現するのが良い。

 怒りを悪として閉じ込めると後を引きます。

 表現すると怒りが本当に正当かを省みられます。

 怒りの表現が良くなかった場合は反省して、改善できます。

 ただし、怒りは怒りとして受容するのは必要です。

 この辺があいまいだと、かえって精神衛生上よくありません。

 とにかく怒りイコール悪と決めつけるのは一番いけないことだと思います。

(アーカイブス)
2012/01/31(火)
いまさらの年金論議
  政府の年金論議、対策で、最低保障年金のための財源・消費税アップの試算を出す、出さないといっています。

 「何をいまさら」という言葉が口をついてきます。

 最低保障年金をうたった時点で、「無理がある」と正直思いましたし、財源をどうするかを考えていないと思いました。

 今まで、国民年金を例にとると、保険料を40年間払い続けて、それでやっと満額の給付・月額6万6千円をもらえました。

 それを保険料を納めてない人に月額7万円を給付する、ということがおかしいのはだれでもすぐに分かります。

 年金論議が、棚上げされ、おかしいと思いつつ、もしかしたら、妙案があるのでは、と期待していた節があります。

 しかし、そんな妙案があるわけでなし。

 案の定、消費税アップの話で、「おかしい」ということになりました。

  少子高齢化社会で、ただでさえ、財源がひっ迫するのに、最低保障年金案を打ち出したのは、国民への人気対策、選挙対策だったのではないでしょうか。

 社会保障と税の一体改革というネーミングにも疑問です。

 年金は、税ではなく、負担と給付が直結する社会保険・保障方式がフィットするというのが、制度のスタートです。

 それを税で賄う、ということへの、説得力、実現構想、そうした、説明がなされていません。

 アイディアだおれで、政治は、思い付きだけで公表されると、その下で生活する国民はたまったものではありません。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR