FC2ブログ

やはりサッカーはダメだった

 クラブワールドカップです。

 リバープレートと1点差ですから、サンフレッチェ広島は善戦はしたようです。

 しかし、パスミス、攻撃の詰めの甘さが目立ちました。

 広州恒大もメッシ、ネイマール抜きのバルセロナに3ゼロの完敗でした。

 思うに前、後ろから圧力をかけられると、パスミスを簡単にしていました。

 やはり技術力、球際の強さがまだレベルに達していません。

 世界に伍して戦うには、強い相手と常にしのぎを削って競い合っていないと駄目のように感じました。

 「世界はまだ遠い」です。

(アーカイブス)
2011/12/27(火)
日本経済について
 経済は不況の底状態です。

 かつて高度経済成長は、インフラ整備・土建の内需拡大と、経済戦士による輸出産業の二本柱で、成り立っていました。

 今は、そのどちらも期待できません。

 内需だけでも、輸出だけでも、かつての経済繁栄は望めません。

 はっきり言えるのは、どちらだけ言っても、経済は良くならない、ということです。

 しかし、あえて言えば、内需より、輸出、新しい価値創造による生産のほうが、景気回復に与える影響は大きい。

 この意味からいえば、TPPの促進は理にかなっています。

 ですが、非常に危険。

 生活を支える農、医療が、危機にさらされます。

 強い農、医療をこれで作るという理屈は分かります。

 現実には、強い外国資本に席巻され、結局、国産の農、医療は壊滅する事態も容易に想像できます。

 これは、もう、よい、悪い、の理論ではなく、たとえ弱くて守る必要なし、という理屈でも、守らなくては、国が成り立ちません。

 守るべきものは守った上で、景気・経済の回復を目指さないと、国自体が危うくなります。

 国ありきの点から景気・経済の復活を考える必要があります。

 ただし、国内だけのことを考えると、景気・経済の復活は遠い。

 堂々巡りの迷路です。

 迷路状態に入っていることを自覚した上での、景気回復の一手が望まれます。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR