FC2ブログ

社労士試験の結果が遅い理由

 毎年1回、8月の末に試験をして、やっと11月初めに結果が分かります。

 マークシート方式ですから、本当はすぐに点数が分かります。

 それが3か月近くも時間がかかるのはおかしいと誰もが思うはずです。

 実は、社労士試験は絶対評価ではなく、ある程度の基準を設定しつつ、相対評価なので、合格者を出すのに時間がかかります。

 ですから、毎年、合格者数を調整するため、基準を下げた『救済』が関心の的になります。

 今年の試験結果は、難問があったため、相当合格率が下がりました。

 普通、難問があっても『救済』を調整して合格者数を調整するのですが、今年はその『救済』度合いが少なかった。

 そのため、合格者数が減り、合格率が下がった。

 資格の価値が下がり始めたことと無縁ではないような気がします。

(アーカイブス)
2011/11/06(日)
80年代の日本の未来予測に愕然
 私が尊敬している評論家に中川昌彦さんという方がいて、経済も経営も評論しますが、その方の昭和62年、1987年発刊の三笠書房・知的生き方文庫『強書の知恵』を再読しました。

 その中で、日本経済の将来の最悪シナリオとして、産業の空洞化を挙げています。

 まさに、その予想通りとなった次第です。

 が、読んでみると、今からみると特に最悪というほどのものでもなく、ごく当たり前の中小企業も人件費等コスト高で、海外に進出するといったことが書いてあります。

 最悪シナリオよりなお悪いことが現実に起きていることに、ショックを受けました。

 考えてみると、当時は、経済順調、世界も比較的、表面的には落ち着いていて、今よりはるかに良い状況だったということで、最悪シナリオも、ソフトに感じられるということなのでしょう。

 しかし、赤字で国際的に騒然となっているギリシャでさえ、日本より自殺者は少ない。

 国の借金は、先進国中ダントツという状況。

 年金も医療も崩壊におびえ、だれも予想しなかった、仮想最悪をはるかに超えている現実に、唖然とします。

     だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR