fc2ブログ

原作とドラマ、映画は違うのが普通

 マンガ家の女性が、テレビドラマ化された自作とのイメージの違い、行き違いで自死される不幸な事件がありました。

 マンガに限らず、小説でも、映像作品の原作と映像作品の違いでのトラブルは過去沢山ありました。

 原作どおりという方が珍しく、少なからず、原作者の人には不満が残るのではないでしょうか。

 また、原作者だけでなく原作どおりでないと、読者が不満を持ちます。

 今回はこうした読者を巻き込んだSNSも大きく関係した節もあります。

 思い入れは原作者の方は当然そうだし、さらに読者も大きい。

 だから支持、価値、ファンがあり、原作として選ばれた理由もあります。

 テレビ側が非難される声が大きい。

 しかし、原作をそのまま映像化できるかとなると、それは難しいのが実情です。

 実際の演者、ロケ、費用、時間の制約から、変えざるを得ない理由が多々あります。

 原作者としてもそれを考慮し、不満ながらも違う作品と割り切って大人の対応をする方も多くいます。

 ただ、あまりに違うもの、相容れない相違は、許されません。

 今回は原作者にとって、そうだったので尊い命をなくされた、という印象です。

(アーカイブス)
2020/03/29(日)
テレワークの違和感
 テレワークができるのはあくまで一部の人です。

 仕事の基本は対面です。

 テレワークはあくまで補助手段です。

 基本の仕事をするうえで、特別の一面で、適用できる一部です。

 それをさも主要の仕事をテレワークでできるかのように報道するフェークがまかり通っています。

 報道する側がテレワークしているのか、出来るのか。

 自分のことを考えればすぐにわかることをさも事実のごとく垂れ流す。

 本当に不安を煽っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR