FC2ブログ

意味が分からなかった最高裁判決(打切補償について)

 新聞記事では、労災で補償を受けていた原告が、打切補償を受けての解雇が違法と訴えていたと書いてありました。

 会社から補償を受けていなくて、労災で補償を受けていたから打切補償にならない、という意味です。

 そもそも会社で災害補償をするのは難しいから、労災で補償するというのが労災法です。

 労災で補償しないで、会社が補償することがあり得るのか。

 会社が全面的に悪く、いち早く労働者への十分な補償に応ずるというのはかなりレアケースではないか。

 そんなことは普通というか、ほとんどないだろうと思いました。

 それで最初、この判決の意味が分かりませんでした。

 まして、実際に打切補償を受けて争ったのだから、訴えたほうは、金銭的には「恵まれている」といってもいいくらいでしょう。

 どうやら、法律、法文解釈の文言上の話で、労基法の災害補償にこだわり、本質を見極めていなかったのではないか。

 実質的な判断が遅れ、最高裁まで行ってしまったような気がします。

(アーカイブス)
2011/07/06
入院生活について
 生まれて初めての入院生活ですから、最初のうちは珍しく、食事もおいしくいただきました。

 しかし、1週間を過ぎて、とたんに苦痛となってきました。

 何が苦痛かというと、もう、全体に病院にいるということが、苦痛になります。

 看護師の方の世話、ケアは、前にも書きましたが、至れり尽くせりで、大変素晴らしい対応でした。

 それでも、入院生活は、長期になると苦痛になりました。

 まさしく娑婆はいいな、という感じです。

 刑務所、監獄みたいに言うのは、大変恐縮ですが、自分の感覚としては、そんな感じでした。

 一刻も早く退院したいという気持ちでした。

 この気持ちは残念ながら体験者以外は、分かってもらえないかもしれません。

 医療保険が1日入院いくら給付と言っているのも、こうした苦痛があり、退院したい人がいるから、給付と負担が成り立つのではないか、と深読みしてしまいました。

       だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR