FC2ブログ

提灯記者と小説家

 一時期、勉強のためと、ビジネス小説を図書館から借りてよく読んでいました。

 やはり買って読んでみるほどには、ビジネス小説には食指が動きませんでした。

 ビジネス小説の中には、一企業を神のごとく称賛するジャンルがありました。

 今ならあり得ない分野と言えます。

 読み始めた当時は、こんな素晴らしい企業があったのかと素直に感心していました。

 しかし、時間が経ち、その企業は、決してそうした素晴らしさ一遍ではないことがわかってきました。

 こうしたことを書くのは、企業に出入りしている専門の記者が書きやすい。

 利害が一致していたのかと勘繰ります。

 今となっては、弊害が多く、罪作りなことをしていたなと思っています。

(アーカイブス)
2017/04/16(日)
タレントの食レポは怪しい
 そこそこの食べ物で、おいしいに決まっているものをより以上に美味しく表現しているのでは、と疑っています。

 一言でいえば演技です。

 特に感じるのが、ファミレスの料理をおいしく言うときです。

 はっきり言ってファミレスはまあまあ、それなりの味です。

 抜群においしくはありません。

 味が濃すぎます。

 視聴者は馬鹿ではありません。

 タレントがおいしいといっているのを信じているかというと、それほどでもないでしょう。

 値段と味を考え、的確に表現する。

 そんなレポートを期待しますが、タレントも商売ですから期待するほうが無理かもしれません。

       だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR