FC2ブログ

流行り病

 世界の名作小説を読むと結構流行り病が出てきます。

 新型コロナ禍で、切実な問題に直面しているだけに、今こうした小説を読むと、平和な時代に読む時とは全く違う緊迫感を覚えます。

 さらに戦争が影を落としています。

 戦争と同じと欧州首脳はコロナ禍を言いました。

 しかし、戦争とはやはり違います。

 戦争ほど切実、緊迫感はないにしても、当時の人がどう受け止め、どう対処したか。

 小説を読むと、ありありと時代、人種を超えた、人間真相が見えてきます。

 テレビもいいが、名作小説を読むべきでしょう。

(アーカイブス)
2017/03/26(日)
ニュースで思い起こす清水作品
 森友問題で上や下への大騒ぎです。

 そもそもが保守系学校の設立が核心の話です。

 それで思い出したのが、清水一行によるモデル小説『虚構大学』。

 京都産業大学の設立がモデルです。

 革新系が強い土地柄の京都に保守系の大学を設立する話です。

 政治家、スポンサー、あらゆる伝手をたどり、学校設立に向けて悪戦苦闘します。

 相当な信念と努力が学校設立には必要です。

 籠池氏はいろいろと言われていますが、あれくらいでないと学校はできないでしょう。

 もちろん、良い悪いとなるとかなり灰色です。

 そのくらい学校を作るのは大変なことです。

 森友騒動はどこに落ち着くか、時の判断を待つしかないでしょう。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR