fc2ブログ

官房長官と首相の違い

 名官房長官と謳われ、期待を背負い、首相に就任、いざ、政治をリードすると、期待が空回り。

 こういう場面は、以前に見たような既視感、デジャブがあります。

 福田康夫氏の場合と似ています。

 棚から牡丹餅と言っては失礼ですが、あまり自分で勝ち取った感がない首相就任もどことなく似ています。

 そして、いざ首相となってからの存在感のなさ、言葉の軽さも似ています。

 福田氏は辞任会見で、記者の質問に逆切れして、大変イメージ悪くお辞めになりました。

 菅氏はどうなるか。

 大変似ているような気がするのは私だけでしょうか。

(アーカイブス)
2017/03/05(日)
春を感じる
 気温的にはまだ寒いのですが、日の長さ、風のないときの暖かさに春を感じます。

 日の長さは、特に夜明けの早さは冬と全く違います。

 そろそろ桜の便りも聞かれます。

 梅が終わってからさらに桜までの短い期間に強烈に春を感じるのが、沈丁花の香りです。

 香りというよりにおいと言ったほうがピンときますが、強烈です。

 この香りがすると春が来たことを間違いなく実感します。

 ところが昔ほど沈丁花が家々から香ってこなくなりました。

 沈丁花を植えている家が少なくなってきているのでしょう。

 少し寂しく感じます。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR