FC2ブログ

懐かしい曲

 昔NHKで流れていた、天気予報時の曲が、あまり聞かないのに懐かしく思われます。

 今や、人気コメンテーターとして、売れっ子の湯山玲子氏のご尊父の作曲家、湯山昭氏の作品です。

 聞いただけで誰もが懐かしく感じるのではないでしょうか。

 冬の季節、生垣から焚火のにおいが感じられる、そんな感じのテーマ曲です。

 娘さんの方が有名になっていますが、私にとっては湯山昭が芸術家として、素晴らしい存在として認識しています。

 昔の歌謡曲も懐かしく感じるでしょうが、この曲を聞いたら、なつかしさは半端ないでしょう。

 『昼の憩い』のテーマに勝るとも劣りません。

(アーカイブス)
2016/12/25(日)
激安床屋で激怒
 いつもは空いているカット専門店の1080円なりの理容店。

 年末に入って異様に混んでいて、自動ドアを入ったとたんに先客のおじいさんに咳をはきかけられました。

 狭い店舗で、間が悪かったのでしょう。

 「ウェッ!」と思いつつ、券を買って、少し離れた席に座りました。

 すると、店員が寄ってきて、そのおじいさんの隣の狭いスペースを示し、順番に座れと指示するではありませんか。

 さも当然かのように、ルールを守れという態度に、思わず言いました。

 「狭いからこちらに座ったのだ」と返しました。

 それからその店員は、苦々しげにこちらをチラチラ見るので、こちらも当然見返してやりました。

 そのうち、また、オジサンが1人入ってきました。

 すると奥でカットをしていたリーダー風の店員がやってきて、順番に座れと命令します。

 ここでアウト。

 「もういいから、金を返してくれ」と言って店を出ました。

 いくら安いから、客が来るからと言って、あまりの接客。

 もう二度と、決して、ネバー、その店にはいきません。幸いにして、ほかにもカット専門店がありますから。

 安くても、対応が悪い店、そうしたお店に将来はないんじゃないでしょうか。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR