FC2ブログ

流行り病ものの映画

 文豪トーマス・マン原作で、巨匠ルキノビスコンティ監督の『ベニスに死す』(1971年公開、伊仏合作)。

 結構文芸物の映画ですが、背景にコレラが蔓延する不穏な空気が漂います。

 新型コロナウィルスに席巻されるベニスが舞台なのも今と合致します。

 イタリアは北アフリカからの熱風が到来し、以前から流行り病に見舞われることがままあった。

 映画はその辺を見事に背景に描き出しています。

 映画好き、ビスコンティ好きでないと面白くない映画かもしれません。

 ただ、見事に人々の不安な心理を描き出している点で、さすが巨匠といわれる所以を見る思いです。

(アーカイブス)
2016/04/18(月)
人命救助とライフラインの回復を
 先週木曜日の夜9時半前の熊本の地震の第一報に耳を疑いました。

 震度7はアナウンサーが言い間違えたのかと信じられませんでした。

 東日本大震災と比べ、東京では揺れませんでしたが、実は10分前くらいに弱い地震を私は感じました。

 これ1回で終わらずその後のいわゆる余震が続き、2回目の大揺れで被害が大きくなりました。

 人命救助と水、食料等の援助が緊急で必要とされています。

 道路、水道、電気、ガス、宿泊・非難所のライフラインの応急の回復も望まれます。

       だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR