FC2ブログ

間違い電話がたまにある

 仕事でホームページを開き、電話番号を載せているので、間違い電話がたまにかかってきます。

 公的事務所が名前を変更する以前から、同じ名前を使用している関係で、公的事務所と間違えているようです。

 初めに、公的事務所ではなく、私的な社労士事務所で、間違えていませんかと丁寧に応対します。

 それから、出来るだけ丁寧に、公的年金事務所の電話番号などを教えて、失礼にならないよう対応します。

 注意するのは、詳しい相談は今や年金事務所は、直接対応、本人優先で、予約や、本人確認書類の持参などをお教えすることです。

 年金事務所は、駅から遠いことが大部分です。

 住まいから近い便利な年金事務所や、社労士会が業務委託を受けている『街角の年金相談センタ―』の利用を勧めます。

 間違い電話のお相手はそれでかなり納得してくれる、と私は思っています。

(アーカイブス)
2015/12/06(日)
タイトルと内容があってないと気持ち悪い
 サラリーマンだったころ、職種は専門新聞関係でした。

 記者もしましたし、制作関係もしました。

 ですから、見出し付けの習慣からどうしてもタイトルと内容に目が行きます。

 最近目立つのがタイトルと内容があってない文章が多いことです。

 テレビの影響からか受け狙いで、わざと核心を外す場合があります。

 しかし、どうもこれは読む側としてはすっきりしないし、気持ちが悪い。

 すかされて時間を取らされて損した気分になります。

 また、判例を簡単に紹介した記事で、タイトルがちょっと違う気がすることがよくあります。

 争点を的確についたものでなく、ただ、扱っている事項を上げたものが多いように思います。

 その点、新聞見出しはやはりプロが作るだけに的確性が高いようで安心できます。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR