FC2ブログ

本はすべて読まなくても良い本が多い

 どちらかというとそういう感じを持っています。

 まえがき、あとがきを読んでまず判断します。

 それから目次を読んで、大体の見当を付けます。

 後は、本文で強調したいところを太字で区分してある本。

 こういう本は親切に区分してあるので、そこを拾い読みします。

 失礼ながらこういう書き方をしていると、すべてを読む必要をあまり感じません。

 ビジネス本のハウツーものの本にこういう書き方をしている本があります。

(アーカイブス)
2011/02/01
特定社労士研修での出来事
 一昨年、特定社労士の付記をすべく、研修を受けました。

 その大詰めの弁護士が講師のゼミで、今も冷や汗の出る出来事がありました。

 テキストに沿って、個別紛争事案について質問形式で、講義が進むのですが、冒頭、弁護士先生が、この事案はどういう事件ですか、という質問に、指された受講生の社労士の人が答えられなかったのです。

 質問が具体的でなかったにしても、黙っているの「よくないなー」と思い、「なんとかいってくれ」と念じていましたが、結局、黙ったままでした。
 
 自分のことではありませんが、がっかりしました。

 弁護士先生は、その後、小学生に教えるがごとく、事案については誰と誰が争って、その争点は何か、という手控えをとるように、教えてくれました。

 自分だったらどうだったか、というと、少しは、何かをしゃべったと思います。

 ○バツ式のテストには受かっても、こうしたことに慣れていかないといけない、と強く思いました。

 その方も、試験に合格したかどうかは分かりませんが、このことを反省材料に、これから、精進していただけたらと思っています。

2011/02/02
本屋さんには必ず立ち寄る
 本屋さんには、必ず立ち寄るようにしています。

 本屋さんによって、ディスプレイや、お奨めの本が違うので、そうしたことが大変勉強になります。

 私が立ち寄るのは、雑誌、ビジネス書、社労士関連の資格本、パソコン関係の本、文学・歴史書、と、色々と歩きます。

 特に、入り口の平積みのベストセラー本のコーナーは、チェックします。

 今、何がはやっているか、何が求められているか、ここから見ることができます。

 本屋さんによって、この平積みの本が違うのも面白いと思います。

     だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR