FC2ブログ

自己責任

 危険地域に行ったジャーナリストが、大騒ぎさせたうえで帰ってきました。

 自己責任論を中心に非難されています。

 私は自己責任ではなく、ご本人が公に対して責任があると思っています。

 自己責任は誰でもあります。

 自己責任以上に、厳しい責任が、危険地帯に敢えて取材を敢行するジャーナリストには求められるのが当然だと思います。

 自己責任論では甘いということです。

(アーカイブス)
2014/12/23(火)
ハッカーとはもともと敬称
 本来優秀な技能を有するコンピュータ技術者へのリスペクトの意味で使われていたとのこと。

 その技術を使って悪さをするクラッカーという名前のいたずら者とは区別されていました。

 いつの間にか、ハッカーの名前が普及し、ハッカーも悪い意味を持ってしまいました。

 悪いハッカーをブラックハッカー、本来のハッカーをホワイトハッカーと呼ぶ場合もあるそうです。

 が、あまりなじみがありません。

 電脳技術に熟練するには、単に機械操作ではなく、元の理論・仕組みを熟知していなければならず、ハッカーはやはり相当な希少価値であり、大した才能です。

 その技術で本来のハッカーに、クラッカー、ブラックハッカーの奴らを駆逐してほしいものです。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR