FC2ブログ

大相撲改革道険し

 貴乃花親方退職騒動で大相撲界がまた大騒ぎです。

 伝統を守ることは大切です。

 放っておくといくらでも伝統が崩れていきます。

 大相撲でも否が応もなく、この伝統が崩れていっています。

 その最たるものが外国人力士による主役交代です。

 モンゴル力士が席巻しています。

 八百長問題も解決しているか疑問です。

 しかし、人気は復活しています。

 旧態依然打破と伝統維持は矛盾する問題かもしれません。

 この矛盾葛藤する問題に真正面から向き合い、一つ一つ具体的に改善、解決していく以外将来がない。

 そのための大きな期待を寄せた人材だった貴乃花親方だけに人気と裏腹に将来また衰退するのではないかと危惧します。

(アーカイブス)
2014/11/26(水)
健さんは健さんを演じた
 誰からも敬愛された映画俳優高倉健さん。

 これほど多くの人からその人格を含めて称賛を浴びた人はいないと思います。

 しかし、人間だれしも嫌いな人がいるようにたとえ健さんでも苦手な人はいたはず。

 そうした人ともうまく付き合い、逆に好かれるというのは努力のたまものでしょう。

 健さんといえども若いころは人との衝突もあったでしょう。

 年齢を重ねるたびにそうした人との融和が自然とみえるように人格を作っていったのでは、と想像します。

 自分の嫌な性格を改め、苦手な人との交流を図る。

 生きている限りできないはずですが、健さんはそれを身をもって実行された。

 同時代にこうした人が、それも日本にいた、ということが言葉に表せないほどすごいことです。

       だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR