fc2ブログ

昼食千円の壁

 世はデフレ脱却したとのことですが、わが身になるといまだにデフレ感濃厚で、それは外食値段の感覚に如実に感じます。

 昼食千円の壁です。

 高給サラリーマンならとっくに超えている感のある外食千円越えは、未だに私にはあります。

 外国人ならラーメン1杯2千円くらい普通の感覚かも知れません。

 が、しかし、私には千円は昼食には決して出しません。

 いや、たとえ980円でも高い。

 出しても毎日ならせいぜい700円台。

 やはり600円台が望ましい。

 ということで、昼食代に関しては、すでにデフレ脱却しているらしい都心には夢進出したくありません。

 今や、テレビで昼食を紹介するグルメ番組では、1000円台初めは、「安い」ということらしい。

 全く庶民感覚とはずれています。

(アーカイブス)
2020/06/07(日)
国の事業と外注問題
 国が細かい事業をすべて行うのは無理があり、現実的ではありません。

 そこで、国の事業を円滑、適正、迅速に行うために、民間事業者、あるいは準公的機関に外注します。

 こうしたことはあらゆる国の事業に見られます。

 さて、例の経産省・中企庁の事業継続給付金です。

 実態があまりない法人に発注し、実際は電通、パソナ等が請け負い、利益を受けているという事実が明るみになりました。

 庶民としては、税金の大きな無駄遣いとして、糾弾したい大問題です。

 必要ならば、当然外注はするでしょうが、相手の選択、額がどうにも怪しい、というか怪しすぎる。

 国民が納得できる説明、是正がないと、安倍内閣の存続問題まで発展しそうな気がします。

アメリカでは野球は4番目

 人気度で言うと、メジャースポーツの中で、アメフト、バスケ、アイスホッケーの下。最下位だそうです。

 機構には危機感があり、いろいろ改革に手を染めています。

 試合時間の短縮を図り、観客に興味をつないでもらうために、ピッチクロックを導入しました。

 演出も電光掲示板や、踊り、音楽、エンタテイメントを豊富に取り入れ、飽きさせないよう工夫しています。

 しかし、なんといっても一番は試合そのものの内容です。

 その意味で大谷選手の活躍は、メジャー機構にとっての生命線とも言えドル箱と言ってよい。

 ただ、まだ、元通訳の違法賭博とのかかわりは解決していません。

 大谷選手の本来の活躍にまだ水を差していることに疑いようがありません。

 早く決着がつき、大谷選手が活躍し、人気が復活することに大いに期待しています。

(アーカイブス)
2020/06/07(日)
マイナンバーの活用を望む
 せっかく導入したのに全く活用していないのが疑問です。

 今回の定額給付金もマイナンバーは直接関係していません。

 マイナンバーカードによるオンライン申請は、ナンバー自体は関係なく、本人確認資料としての活用です。

 運転免許証と同じです。

 定額給付金の振り込みはいまだに2パーセント強という新聞調査がありました。

 もし、マイナンバーと預金口座が連結されていれば、マイナンバーを申請書に書くだけで、すぐに、口座に振り込まれるはずです。

 こうした便利なシステムには、反対の声があります。

 個人的には、反対する人は何か脱税とかやましいことをしているのではないかと疑っています。

散歩いつもと別ルートで田舎実感

 この間、久々に、あまり通っていなかった散歩道をたどったら、田舎を実感しました。

 まるで、東京以外の地方都市に来たかのような感覚になりました。

 隣駅ですが、駅前から少し歩いた大通りにかかっていた大歩道橋が撤去され、以前と違う街並みになり、まるで違う景色になり、却って田舎感が増した感じでした。

 普段生活していると、回りに田舎感は全く感じていません。

 実際、昔よりスーパーは増え、家は建ち、空き地は減り、土ぼこりも以前ほどたちません。

 しかし、いったん、少し、見慣れぬルートで散歩すると、大分感覚が違いました。

 よくわが地元は東京でありながら、23区以外で、田舎と称されます。

 実際、埼玉県とは近く、東京とみなされない感覚でよそからは受け取られているようです。

 住んでいると、都会とも思っていないのですが、それほど田舎ではないとどこかでは思っていました。

 ただ、少し違った視線に立つと、確かに地方都市だなー、と実感してしまいました。

 別に田舎でも不便でなければいいので、どうでもよいと言えばどうでもよい話ではあります。

(アーカイブス)
2020/06/07(日)
議事録の難しさ
 野党はことあるごとに議事録、議事録といいます。

 片や政府与党は、議事録作成にすんなりとウンとは言いません。

 いかにも悪いことをしていて、言い訳に終始する与党という構図です。

 この議事録、簡単にはできません。

 国会では、発言者の名前、発言のすべてを記録すべく、速記者が入っています。
 
 だから、発言の引用に間違いがあるはずはありません。

 それでも一部切り取れば、違った意味になることもあります。

 発言者を特定すると、議事録を見た発言者が、「私はこういうことは言っていない」と反発する事態がままあることが予想されます。

 これを回避するには、議事録作成者が発言者に、確認と了解を取ればよい。

 しかし、手間暇がかかり、まったく現実的ではありません。

 野党でも当然こんなことは分かっているはずです。

 議事録の作成は難しいのを分かったうえでの歩み寄りを野党に期待するのは無理な話かもしれません。

大河ドラマ ウーン

 実は今年の大河には大いに期待していました。

 今までにない平安時代、源氏物語の作者の生涯を描くドラマ、加えて清少納言らライバルたちとの華麗な宮廷絵巻に興味がわきました。

 前宣伝も華やかに、滑り出しは上々と思われました。

 いざ第1回を視聴し始めて、かなり違和感を覚えました。

 生家の貧乏貴族の生活が、きれいな着物、複数の雇人と全く貧乏が伝わってきません。

 途中で見るのをやめました。

 もう少し描き方に工夫があったのではないでしょうか。

 質素な生活、畑仕事をするなど、いくらでも描き方はあったはずです。

 一言で言えば、製作側に常識があれば、ドラマをもっと面白く視聴者に伝えられたのではないかという疑問が生じました。

 期待していただけに落胆も大きかった。

 意欲は買いますが、工夫が足りなかったのではないでしょうか。

(アーカイブス)
2020/06/07(日)
パワハラ法制に決定的に欠けている視点
 労働者保護の観点から労働法制が構築されています。

 この労働法制から見て、決定的に欠けている視点があります。

 事業者、使用者の立場、言い分が認められていない点です。

 パワハラが規制、防止される労働法制が施行されました。

 では、労働者側には問題がないのか。

 一時、問題社員が話題になり、関連本も結構出版されました。

 今は全く見当たりません。

 政府見解には、パワハラと指導との区別がつけにくいとほんの申し訳程度に言い訳が添えられています。

 しかし、圧倒的に労働者保護の観点からの見方、解説に終始している現況です。

 これで実際の仕事の現場でトラブルなく丸く収まるのでしょうか。

 大いに疑問です。

自民処分の不可思議

 党の大責任者である総裁、首相がまるで外部の第三者のごとき趣で処分を下しました。

 これでは、処分される側ならずとも、全く理不尽、おかしな話に感じ、不平を言うのももっともな気になりました。

 厳しい、厳しくないかの以前の問題です。

 岸田という人は、アメリカの言うことは唯々諾々と、平身低頭へりくだって聞くくせに、他については馬耳東風、唯我独尊のようにふるまいます。

 野党でなくたって批判します。

 まったくおかしいし、よく部外者然として平然としていられるもんだと”感心”します。

 こんな非倫理的な人物を国のトップとして抱えていることは恥ずかしい限りです。

 即刻辞任、他のしかるべき人物に変えるべきなのに、当の自民党からその声すらない。

 いくらダメな野党でも、いい加減、自民党よりはましかもという気分すら出てきました。

 だから、野党からも今なら勝てる気分が出てきて、解散要求までしています、

 とにかく自民党は、危機感がなさすぎで、処分で立て直すはずが処分でいい加減さがまた浮き彫りになりました。

 解党出直しが最善策ではないでしょうか。

(アーカイブス)
2020/06/07(日)
常に違った視点を
 日々流されるニュースを例に挙げると、批判的なニュース一辺倒に違和感を感じます。

 実際はどうなのか、本当にニュースは真実、事実を伝えているのかを問いたい。

 例えば、アメリカのミネソタ州で起きた警察による黒人男性致死事件。

 ニュースでは前段の事実を省いて報道しています。

 発端は、黒人男性が店で使った紙幣が偽札と気づいた店員が警察に通報したことからということです。

 偽札使用は故意かどうかわかりません。

 故意なら普通素早く逃げるはずですが、男性は逃げていません。

 犯人の可能性は低い。

 警察の対応は過剰で、非難すべきでしょう。

 しかし、当地の治安状況が悪く、黒人男性の犯罪率が高く、当の男性が大柄で迫力があったこと。

 それでも警察は、警戒するまでは擁護できても、あの対応は、どうなのでしょうか。

 また、批判から暴動に至るのはどうなのか、男性の弟さんが、暴動を制止しています。

 ニュース、報道だけでは、一方的な見方だけに終わりそうですが、いろいろ考えさせられます。

上白石姉妹

 双子かと思うくらい似ています。

 お二人とも年が近く、同じ女優としてご活躍なので、露出度も高い。

 だから一人一人別々に見ると、この人は萌音だったか萌歌だったか大いに迷います。

 一度お二人同時に出てもらって、どこがどう違うか確認したいくらいです。

 初めはお姉さんの方が露出度が多く、間違うことは少ない気がしました。

 しかし、最近は妹さんがどちらかというと目にする機会が多いような気もします。

 と言ってもCMではお二人とも出ているようです。

 いったいどっちなんだと言いたいくらい似ていらっしゃる。

 私がそう思うのですから、きっと同じように感じている人は多いのでは。

(アーカイブス)
2020/05/31(日)
ウィルス鎮静化か
 日本ではピークがいつの間にか過ぎたように感染者が少なくなってきました。

 日本は積極的に防疫に動かなかった割には被害が少ない。

 日本モデルといって、諸外国に不思議がられているようです。

 もともと清潔、衛生観念、医療環境で優れていた日本です。

 医療保険面も世界に誇れる国民皆保険です。

 しかし、もし、政府がもっと積極的に防疫活動に動いていたら、もっと被害は少なかったのではないか。

 タラレバの話ですが、自粛解除、経済活動再開の動きが見える今、改めてそう思います。

ソウルシリーズって?

 アメリカ大リーグドジャースとパドレスの開幕2戦でした。

 しかし、アメリカではその時点では、まだオープン戦をやっていました。

 3戦ではなく、2戦だったことも、何か本格開幕のような気がしませんでした。

 もちろん選手、観客は真剣試合をして観戦していたはずです。

 しかし、どうも顔見せ、エキシビション的試合に感じた人も多いのではないでしょうか。

 特に、目玉の大谷選手を巡る野球以外のスキャンダルに興味を持っていかれたことも大きい。

 あれで、試合自体を楽しむ気分を大分そがれました。

 興行的には大成功なのでしょう。

 来年は、東京ドームで、ドジャース対カブスの開幕戦だそうです。

 商魂たくましい。

(アーカイブス)
2020/05/31(日)
安倍のマスク
 いつまでも来ないなーっと思っていたら、5月26日に突然ポストに入っていました。

 普通、こうした届け物には、挨拶状が添えられますが、ダイレクトメールのようにビニール包装されたマスクだけが入れられていました。

 今までさんざん待って、なんで来ないんだろうと思っていました。

 来てみるとあっさりしたものです。

 たかがマスク、されどマスクで、全戸配付となるとこんなにも時間手間暇がかかるものなのか。

 国民の税金がどれくらい使われたのか。

 おそらくマスク2個を買う何倍かの費用が掛かっていることでしょう。

 税金の無駄で、同じ費用を掛けるなら、もっと有効に使ってほしいと正直複雑な思いになりました。

二階氏これぞ老害?

 引退会見で、後ろに家来を引き連れ、答弁をさせ、質問にいら立ちを隠さず、悪態をつきました。

 私は見ていて、公の立場に立つ人間としての品性、能力を大いに疑いました。

 そして、この人を祭り上げ、政治をしてきた自民党という政党に今更ながらあきれ返りました。

 まず、自分の言葉で語れないなら、政治家を引退して当たり前です。

 そのエキスキューズをはじめにすべきです。

 さらに年齢のことを非難、揶揄してもない当たり前の質問に怒るとは何たる醜態。

 全く恥ずかしい会見で、自民党崩壊を印象付ける典型的な会見でした。

 今選挙をしたら、大敗を自民党は喫するでしょう。

 だから岸田氏は解散はできません。

 二階氏は、世襲を画策しているのでしょうが、跡継ぎの評判は芳しくないそうです。

 功罪の功の面もあったのかもしれません。

 しかし、あの会見ではそれも消してしまったのではないでしょうか。

(アーカイブス)
2020/05/31(日)
白人の理屈
 一見正義の味方だが、よく考えるとまったく独りよがりで、言い分に正当性がない。

 欧米の映画、西部劇、戦争映画を見ると、よく分かります。

 しかし、こうした映画を見て納得しているといつしか白人の見方が正義に思えてくる。

 欧米の見方が正義なのか、疑ってかかるのが正しい考えではないのか。

 戦後日本はただただアメリカの考えに追従してきました。

 そのために自分の考えを捨てたかのようです。

 いまだにこうした考えを捨てられずに、こだわっているのが政財界に沢山いるようです。

 若者はこうした旧世代に敢然と逆らってほしいと切望しています。

大谷騒動最大の謎

 あの元通訳がどうやって大谷さんの口座を使って送金できたのか。

 みんなが疑問に思い、知りたがっている最大の点です。

 信頼していた人間といえども個人口座を勝手に使えるはずがありません。

 まして大金を稼ぐ人の口座は、金庫と言っていいくらいのセキュリティーを施してあるのは容易に想像できます。

 それをどうやって、入り送金したのか。

 謎、憶測が憶測を呼んでいます。

 しかし、未だに、特に日本では、元通訳には非難の声が小さいように感じます。

 個人的には、許せない、窃盗、大悪人、非難して余りある人間だと思っています。

 日本人は大谷選手の活躍の陰にある功績をかなり評価しています。

 だからか、あまり否の声が大きくない。

 これも謎かもしれません。

(アーカイブス)
2020/05/31(日)
スポーツジム再開が遅すぎと思ったら
 全国緊急措置解除で、解除業種の真っ先には上げられませんでした。

 クラスター発生の過去があり、警戒業種としてマークされたことが業界には痛手です。

 3密のうち入るとしたら密閉です。

 その他の密集、密接には当たりません。

 厳しいプランに組み込まれてしまいました。

 換気に気を付ければ、すぐに再開してもよい業種ではないでしょうか。

 と思っていたら、急きょ、スポーツジムも警戒付きで再開が決定されました。

 インストラクターは、いわゆる非正規の方が多く、まさに死活問題。

 自主的に再開してもよいと思った矢先の決定は、まあ良しとしましょう。

20倍で0.02%だって

 金融緩和の出口ということで、超低金利の終わりの始まりだそうですが、まだ依然として低金利に変わりありません。

 預金金利で言えば20倍でもわずかに年0.02%になるだけです。

 全くと言っていいほど大勢に影響ないのではないでしょうか。

 借りる方の住宅ローン金利に影響が心配されましたが、今のところそちらには変わりないとのこと。

 預けていても、金利が期待できないのは同じです。

 昔、普通の銀行でATMからでも簡単に設定でき預入できた期日指定定期は確か金利3.15%だったと憶えています。

 今から思うと、なんて簡単に高金利貯金ができたかと夢のようです。

 郵便貯金の定額定期だったら、100万円預けたら、満期には20万円くらいは利子が付きました。

 それでも金利低いと感じていました。

 住宅ローンは3%くらいで2%だと超低金利で、どこもそれでは貸してくれませんでした。

 貯金は優利、借金は不利があからさまな時代でした。

 しかし、経済は右肩上がりで、活気があり、今から見ればよい時代でした。

(アーカイブス)
2020/05/31(日)
意外、雇調金
 第2次補正予算で、上限額が1日8330円から15000円に引き上げられました。

 意外だったのは、4月1日に遡って適用されることになったことです。

 これは結構政府の方法としては、かなり親切な支援ではないでしょうか。

 事業者や社労士がやきもきしていた上限引き上げでの遡及措置が決まり、ホッとしていることでしょう。

 朗報です。

 とかく支援が遅く少ないと非難される政府支援ですが、雇用調整助成金ではかなりの支援になりました。

 安倍政権の支援策には非難が多く、褒められることが少なかった。

 雇調金についてはかなり評価できるのではないでしょうか。
プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR