fc2ブログ

日経ビジネスでの出来事

 前にも書いたことがあるかもしれません。

 職場の先輩から勧められて、雑誌『日経ビジネス』の購読を申し込んだことがあります。

 そうしたら、何ということか、購読お断りのはがきか何か連絡が来ました。

 あなたは、本誌を読むには若すぎるという理由からでした。

 今から見ると、考えられない、信じられない理由です。

 確かに20代で若かったかもしれませんが、若かろうが年寄りだろうが、読みたいと思っているありがたい存在を断るとは何たる殿様商売でしょうか。

 文字、いわゆる活字離れが、甚だしく、新聞離れが叫ばれて久しい。

 本、雑誌も読者、購読者の減少に歯止めがかからない。

 日経新聞なんて、新入社員に購読を勧めるCM を流し始めて久しい。

 日経ビジネスだって、若い読者は、今では喉から手が出るほど欲しがっているはずです。

 それを昭和の終わりでは、あろうことか、購読をわざわざ断っていたというから、全くばかばかしい話です。

 本当に日経新聞、日経ビジネス、正気の沙汰なのでしょうか。

(アーカイブス)
2020/04/12(日)
くだらないテレビ
 いまだにバラエティー、クイズ、グルメを放送しています。

 ニュースショーは、以前にスキャンダルで姿を消した人がまた復活してコメンテーターとして出てきました。

 もうテレビは、映す価値、流す価値があるのか疑問です。

 朝から晩まで、危機感無し。

 自粛を促す割に自分は自粛していない。

 今まであまりの野放図だったテレビはこの際、まず、自粛して、価値あるものだけを縮小して放送してほしい。

 ほかの事業者に対して、失礼です。

スイスのイメージ

 ヨーロッパでも、スイスというと、なかなか具体的イメージがわきません。

 アルプスの麓、山の美しい避暑地。

 永世中立国で、その割には徴兵制があり、どこか気候とともに政治的にも厳しい感じがします。

 小説を読んでいて、スイスは、やはり左翼のメッカ。

 政治活動家にとっての総本山だったようです。

 銀行も有名ですが、ヨーロッパの人にはやはり特別なイメージがあるのではないでしょうか。

 中立を守るためには、武装もし、政治活動も活発になる。

 平穏、平和にはコストがかかるということなのでしょう。

 日本のように島国で、災害はあるものの基本的には平和が当たり前のように暮らしているのに比べて相当厳しい事情にあるのは察します。

 中東のように戦争が日常茶飯事ではないが、厳しい事情に立った中立国ということで納得します。

(アーカイブス)
2020/04/12(日)
本に疑問
 自粛要請の事業にかろうじて本屋さんは入っていません。

 気晴らしと健康のための散歩の途中で本屋に入りました。

 雑誌も本もあまり興味をそそられるものが見当たりません。

 コロナ騒ぎの前のものが殆どで、空々しい。

 タイムラグで、仕方のないこともあります。

 しかし、危機的状態の中で、活字文化の真価が問われる時期です。

 あまりに読む価値のない本が多過ぎませんか。

 率直な私の感想です。

ケンドーコバヤシが面白い

 この人は、芸人が多数出るバラエティーでは、その面白さが伝わりにくい。

 やはり単独で、コメントしているのを見るのが面白い。

 ビジネスホテルに泊まり、夜に飲み屋街を散策し、そのうちの一軒に入り、飲み食いし、またホテルに帰るというだけの番組があります。

 ビジホ泊飲みというコンテンツですが、特に目新しい内容ではありません。

 いわゆる素人さんが、ユーチューブでも先駆けて取り上げています。

 しかし、さすがケンコバ、芸人で、同じコンテンツでも、コメントが面白い。

 まず、酒のつまみで、ちくわにこだわる。

 また、チープな材料にも興味を示し、紅しょうがの天ぷらなんて、感激して食べています。

 紅ショウガでは、貧しかった子供のころ、母親が、紅しょうがの汁だけで、子供に本体を食べさせた逸話をさりげなく披露していました。

 笑いながら、おかーちゃんは汁が好きだったと感じていた子供の頃を馬鹿だったと言っていたのには泣けました。

 ただ、食って帰るだけですが、たまに2軒目にスナックなどに入ることもあります。

 テレビですから、いたって健全ですが、やはり素人と違って、どことなく、なんとなく面白い。

 さすがです。

(アーカイブス)
2020/04/12(日)
自粛の割に情報が少ない
 数字だけは発表されています。

 しかし、その実態は個人情報の壁で、身近に迫ってきません。

 外国の情報は、入ってきますが、それでもどうして感染したか、どこで具体的にうつったかがあいまいです。

 分かったのが高齢者だけでなく、元気な若い世代も結構重症になるということ。

 重症になると医療が大変で、崩壊につながるということです。

 まず、うつらないことです。

 そのためには、ただ自粛要請だけではなく、どういう行動が、どう感染の原因となるかの具体例が不足です。

 自粛だけでは限度があります。

婚活ノンフィクション

 フジネットワークの全国放送で、ノンフィクションアワーが日曜の昼下がりに放送されています。

 その中の人気コンテンツが、結婚したい人たちを数組取り上げる婚活。

 この間、新企画が放送され、またもや話題を呼びました。

 主人公は、若い男性、女性、中年男性の3人。

 2週連続の前後編に分かれ、放送されましたが、首尾よく婚約に至ったのが若い女性のみ一人。

 男性陣は、お相手の女性に振り回され、さんざんの目に遭わされる内容でした。

 今時、そんな女性がいるの、というのがネットでの男性、女性を問わず大方の反応でした。

 私が感じたのが、婚活ビジネスへの疑問です。

 まず、費用がかなりイクスペンシブ、有体に言って高い。

 親切なのでしょうが、親切にして、高い料金を取ってビジネスにしているということでしょう。

 そういえば、結婚相談所の倒産が過去最高になったというニュースが流れていました。

 少子高齢化問題の核というべき、結婚難を救う立場の婚活の相談所の在り方が図らずも露呈した形の番組でした。

(アーカイブス)
2020/04/12(日)
ケチ臭い経済支援
 30万円給付は、収入が落ち込んで、住民税非課税レベルになった人で、そんな人はごくわずかしかいないでしょう。

 第一、初めから住民税非課税以下の人は対象にならないのではないか。

 それと108兆円の安倍首相に言わせると思いきった経済支援。

 無利子貸し付けの融資額をそれに入れている。

 バカにしてるのを通り越して、国家的詐欺ともいえるのではないでしょうか。

 一律支給でもなく、選別が難しく、支給対象になるかが厳しく、実際の給付も遅すぎる。

 国民の税金を集める増税は、反対を押し切って実行し、出す時は、ごまかしてなるべく出し渋る。

 大方の国民は激怒を通り越して呆れています。

デジタルタトゥーと著書タトゥー

 電子媒体で発表した意見表明がいつまでも残り、その後に変化した態度と変わっているのが目立つデジタルタトゥー。

 あまりに違い目立ちすぎ、その節操のなさが浮き彫りになり、その人の本質まで疑問が持たれます。

 というか、人間は一貫性のある人の方が珍しいのではと思えるほどほとんどの人が、変わります。

 デジタルではないですが、著書で言っていることと今表明している現実が全く違うのも普通にあります。

 例えば、経済本で、未来予想と現在が全く違うなんて当たり前にあります。

 図書館本でかなり古い本を借りて読んで、全く今と違う予想をしている著者がいます。

 そうするとその人の他の言説まで疑ってしまいます。

 いわゆる眉唾です。

 そういうこともあると許してあげるのが大人の対応なのでしょう。

 ただ、あまりに違うことが目につきます。

 どうしても、その人自体、信用できなくなってしまうのは、自然の成り行きではないでしょうか。

 ちなみに、政治家なんて、その期間が短く、言っていることに全く信用置けないなんて、普通のことのように思います。

 弁明くらいしてくれればまだ許せますが、大きな顔をして、得意気なのがますます許せません。

(アーカイブス)
2020/04/12(日)
テレワークとは百聞
 一見にしかずということです。

 テレワークに向くのは定型的な、補助的なルーティンワークではないでしょうか。

 本来の創造的な、革新的な仕事には不向きな気がして仕方ありません。

 俗にいうお役所仕事には向いているかもしれません。

 だから、テレワークを勧める政府行政の方針が能天気すぎる気がします。

 本来の仕事はテレワークではできないのではないか。

 もし、テレワークでたいてい出来るような仕事なら、自分の存在価値が問われるのではないか。

 そんなことまで考えてしまいます。

後悔しているか?

 次から次と事件事故が起き、つい最近のことがすぐに昔のことのように感じられるご時世です。

 それで、例の50年半世紀前の連続爆弾テロ事件の犯人が見つかったニュースです。

 テレビ新聞のマスコミ、主にテレビですが、事件について桐島が「後悔している」と大々的に報じました。

 これにはだれもが食いついたのではないでしょうか。

 しかし、中身を見てみると、事情聴取した警察が「後悔しているか」と聞いて、桐島が「うん」と頷いたということです。

 それって、本当に後悔していると言ってよいのか。

 末期がんで、明日をも知れぬ命で、息も絶え絶えの身で、ウンと頷いたから、後悔していると本人が言ったと言ってよいのか。

 大体、事実と違います。

 マスコミが報じるニュースなんてこの程度のフェークをまぶしているということです。

 決して週刊誌スキャンダルを笑えません。

 生成AIの危険性なんてちゃんちゃらおかしいくらいです。

 事実、真実を報道してほしい。

(アーカイブス)
2020/04/05(日)
小池都知事の横文字好き
 なんで日本語で言えば良いことをわざわざ横文字にするのか。

 この人は以前から横文字を連発するので有名でした。

 横文字好きは、何か体裁を繕う見え張り精神があるのではと疑ってしまいます。

 万人に訴えるのにかえってインパクトが薄れます。

 責任回避しているのではと悪意を持って見てしまいます。

 専門用語かもしれませんが、そこは分かりやすい日本語で訴えてほしい。

 新聞に川柳が載っていました。

 『クラスター オーバーシュートで ロックダウン』
 
 まさしく言い得てます。

麻生氏講演で外相揶揄?

 上川氏を面白おかしく取り上げ、容貌にまで言及しました。

 国会で取り上げられ、撤回までに至りました。

 私はこのニュースを聞き、最初に思ったのが、大分上川氏のことを面白く思ってないのだろうと感じました。

 しかし、政治評論家は、上川氏の実力を買っていて、取り上げたのだろうと言っていました。

 確かに、かなり積極的に外国要人にアプローチし、面会、話し合いをしてます。

 今までにない、行動力を見せた外相で、注目を浴びています。

 どこまで、首相の意を体しているのかは疑問です。

 岸田首相も外相経験があり、期待し、抜擢した経緯があり、活躍はうれしい半面、政府意向と合致しているかは分かりません。

 あまり目立つと、面白くない人が出てくるのはいるはずです。

 ということで、麻生氏が講演で取り上げたのではないかと、私は見ています。

 俗に言う、おちょくった、ということではないでしょうか。

 そして、今の時代、許容範囲を超えた失言になったという次第ではないか。

(アーカイブス)
2020/04/05(日)
図書館閉館がきつい
 このご時世、自粛で家にこもり、ならば読書にいそしもうと図書館に行こうとしても閉館中です。

 世の中、どうでもよい本が殆どで、敢えて買いたくなる本がありません。

 図書館が頼みの綱でした。

 そこが閉館で、本を借りられません。

 まったく手も足も出ません。

 ストレスがたまります。

 図書館は3密にあたらないと私は思います。

 なぜ、閉館するのか、過剰自粛ではないでしょうか。

ミス日本がウクライナ人!

 大きなニュースになりました。

 人種、ウクライナということで、いろいろな意見が出て、論争になりました。

 さらに、イケメン美容整形医師との不倫が週刊誌報道され、選出辞退という落ちまで付きました。

 私も、最初、この選出というニュースを見て、疑問を持ちました。

 国籍が日本なら、外国の人できれいな人が沢山いるので、いろいろなミス日本が出てくる可能性が出てくるので、それでよいのかということです。

 さらに、ミスコン自体の選出についての疑問です。

 どういう選考基準で、どこが良く、他の人は何で落ちたのかが不明です。

 さらには、当のウクライナ出身の人からも、戦争に関心があるのか、日本育ちなのに、戦争を出しにしているのではないかという疑問が出されました。

 また、外見だけでなく、中身内容人柄が考慮されているのかという意見もありました。

 不倫についても、悪い、かまわないと様々な意見が出て、かなりな話題でした。

 私はやはりミスコンをするなら、外見が第一だと思います。

 中身まで問うなんて、それは却って不遜であり、人間選別です。

 ミスコン自体の存在意義も問われています。

 難しい時代になりました。

(アーカイブス)
2020/04/05(日)
新聞テレビ大矛盾
 コロナ騒ぎで自粛、深刻さを言う反面で、観光、催し、飲食等結構記事、番組が併存しています。

 いったいどう考えているのか。

 一方で、深刻なのに、一方で、楽しいことを報道、提供しています。

 同じことを国民がすると非難の目を向けます。

 正義の味方面をして、ころころと態度を変え、無責任すぎます。

 前から用意していた記事、テレビ番組というタイムラグかもしれません。

 しかし、もうそろそろはっきりした態度表明をしたほうが世の為、人の為ではないでしょうか。

年金生活者の感想で違和感

 どうして年金が支給してくれるのをまず最初に感謝しないのかがおかしく感じます。

 額が少ないというのはほぼほとんどの人がそうでしょう。

 それでも、年金をもらえるというのは大変ありがたい、何よりも素晴らしいことです。

 不平不満を言う前に感謝すべきです。

 これは物事において、大事な、基本的なことではないでしょうか。

 感謝することで、現役世代への思いも当然変わってきます。

 社会、政治経済への深い考えも生まれてきます。

 ただ政治への批判を繰り返すのではなく、前向きに積極的に参加する意欲も出ます。

 本来感謝が先に来るはずなのに、不平不満が渦巻いている気がします。

 不平不満を誘導するようなマスコミに乗せられている感もします。

(アーカイブス)
2020/04/05(日)
株価乱高下
 といっても現在は下り一方のようです。

 本当に株を持っていなくてよかった。

 さらに、株価に連動する投資信託の価格も悲惨です。

 一時の投資熱が下がり、これからどうなるか。

 一部の能天気な人がv字回復を言うと腹が立ちます。

 人が死んでいるのに、v字回復するのがイメージできるかと。

 でも私は株も投資信託もしていないので、はっと我に返ります。

活字文化に触れていた世代

 私が社会人になって、たまたま仕事に就いたのが出版、新聞業界でした。

 マスコミと言えるほど大きな媒体ではなかったのですが、却ってそれが私にはあっていたと感じます。

 それでもいわゆる専門紙ですから、新聞で、活字でした。

 毎週印刷所に行き、校正をしました。

 新聞印刷所でしたから、当然活字を目の前にしました。

 活字ですから、それを組み上げて、紙面を完成する必要がありました。

 だから、校正では、出来る限り、初めの方ではなく、最後の方を直す必要がありました。

 なぜなら、大した間違いでなくても、最初の方を直せば、そのために組んだものを崩さなければならなかったからです。

 また、見出しはなるべく直さないようにとも言われました。

 基本の小さい活字に比べ、見出しの大きい活字は作るのに時間がかかったからです。

 そして、組みあがった紙面はボール紙に押し付けて転写し、紙型を作りました。
 
 その紙型をもとに輪転機に掛ける合金を作りました。

 今は消滅した印刷過程ですが、貴重な体験でした。

(アーカイブス)
2020/04/05(日)
志村けんさんショック
 まさかからもしかしたらと危惧していたことが現実になってしまいました。

 地元に住んで早や23年、氏の実家はすぐそばだし、志村けんの木もいつも見ていました。

 おみやげには、大丈夫だ―饅頭を買って、人に差し上げると皆さんに大変喜ばれました。

 それくらい身近で、芸能人というよりは身近な親戚のオジサンという感覚でした。

 まだ70歳、最近は少し体力の衰えを言われていましたが、これからも活躍されるものと思っていました。

 ドリフの付き人から正式メンバーになったころの苦闘もテレビで見ていました。

 荒井注氏が加藤茶氏に次ぐ人気者だっただけに、かなりつらい時期がありました。

 それを乗り越え、人気者になったのも同時代に見てきました。

 大変残念です。
プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR