FC2ブログ

TBSの印象

 ドラマのTBS、報道のTBS、ラジオも所有しているエリート放送局、これが昔のイメージでした。

 しかし、いつしか、ドラマも報道も他局に追いつかれ、抜かれ、他局の内容と変わらない、または二番煎じのような体たらくになった感があります。

 辛うじて、半沢直樹で面目を保ったようです。

 それでも凋落感が大きい。

 思えば、民間宇宙飛行士になった同局職員が、三行半で辞めたのが大きな契機になった気がします。

 仕事の関係で、報道関係マスコミの一端を垣間見た身として、ルール破りをして、カメラがしゃしゃり出ていたのがTBSというイメージがあります。

 かなり昔のイメージからは、下がった気が私はします。

 特に報道関係は、偏った報道、日本のイメージを下げる報道が保守側から指摘されています。

 これはかなりもう広まった印象ではないでしょうか。

(アーカイブス)
2017/02/26(日)
まず『ファウスト』を読む
 大作長編名作を読むという目標を今年立てました。

 しかし、名だたる長編を前にすると少し腰が引け、名作長編だが、中編くらいでまずということで、ゲーテの『ファウスト』を読みました。

 すごい小説でした。

 これはなかなか若い世代では理解が難しいのでは、と思いました。

 ある程度、知識、経験がないと、読み進むことが苦痛になります。

 いわゆる寓意の連続ですから、あのことか、このことかと想像をめぐらさないと、描写の連続に耐えられません。

 ただ、いわゆる観念小説と違い、案外、大衆小説っぽいところがあり、心にぐさりときました。

 ゲーテは小説家以外に詩人、政治家、そして科学研究者といろいろな面を持っています。

 国家経済、戦争・治安、自然界の法則と小説の中に盛り込んでいます。
 
 そして、一番は歴史の縦糸、時間のつながりと断裂で、かなりSF的小説でもあります。

 大衆小説っぽいところはもちろん若返り、恋愛の話ですが、これもかなり考えさせられます。

 悪魔ですが、大体人間は悪魔ではないかと少し考えると誰でも思いつきます。

 そこも言外に、しかしはっきりと言っているのではと読みました。
 
 ダイジェストでは全く得られない体験です。

 名作を知っているだけで読まない人は大損をしている大変もったいない人です。

 そして、世の中はもったいない人であふれています。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

タレント・アイドルの年齢

 自分が年を重ねたせいか、かなり若いと思っていたタレントの実年齢を知って驚くことがあります。

 見た目が若い人が多いので、かなり一般人と違う印象です。

 大体10歳くらい、ひと世代、若い感じを受けます。

 しかし、老け役、実年齢の役をしているのを見ると、急に老けた印象を受けます。

 そうすると若く見えるのが、実は、化粧やファッションで若く見せているだけかもしれません。

 外見がすべてですから、外見に命を懸けています。

 かなり因果な商売と言えるのでは。

(アーカイブス)
2017/02/26(日)
国会のドレスコード
 案外知られていないことでしょう。

 自分の経験から言います。

 シャツはボタン付きで下まで開くものでないと駄目です。

 ということはポロシャツでは入れないということです。

 何故かはわかりません。

 安全、警備上の問題かもしれません。

 ネクタイの有無は問われません。

 後はラジオで言っていましたが、コートでは入場できません。

 こちらは何となく理由が分かります。

 見学などでの入場はまた別かもしれませんが、個人で関係者として入場する際にはこうした服装上の問題で衛視に入場を止められます。

     だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

ドストエフスキー『地下生活者の手記』

 これは、現代の預言者と言われるドストエフスキーの小説の中で、長編ではありません。

 かなり前半は難解ですが、後半になると具体的なストーリーに入ってきて、がぜん面白くなります。

 一口に言って後半は、現代人が悩み苦しんでいる、「いじめ」の問題が描写されていると私は解釈しています。

 かなり重苦しいが、独白ではなく、場面描写なので、結構重苦しい割には読み進められます。

 実際に、若い世代でいじめに苦しんでいる人は、これを読んでも、重苦しくなるだけで、慰めにはならないかもしれません。

 しかし、アルアルくらいには感じられ、興味は持って読めるでしょう。

 きれいごとでは解決できないいじめが、結構リアルに語られているだけでも慰めにはなりうる。

 文豪のある意味自伝的小説かもしれません。

 その意味でもいじめに悩む男女、若い世代に我慢しても読む価値ありのおすすめ本です。

(アーカイブス)
2017/02/19(日)
嫌な感じが続く暗殺事件
 謎が深まる金正男暗殺事件。

 まず、司法解剖の結果がはっきりしません。

 当事国が情報を隠している意図があるのかもしれません。

 平和な日本から見ると、到底あり得ない事件が世界では起こりうるということがこの事件で明らかになった気がします。

 平時にあって、備えを忘れるか、備えを意識的にしていないと、どういう混乱に陥るか。

 今回は、なぞが多く、被害者がいるだけで、加害者の黒幕さえはっきりしていません。

 組織的犯行なのは間違いないでしょう。

 人一人の命、暗殺対象のVIPでも狙われたらひとたまりもない。

 そこだけが今現在はっきりしている印象です。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

お正月何がおめでたいか

 若い頃は、おめでとうとあいさつするのが大変苦痛でした。

 近頃は、何もなくお正月を迎えられたら、おめでとう、ということなのだから、一応納得しています。

 ただ、コロナ禍、異常な状態が、日本だけでなく、世界で広まっています。

 そんな中で、おめでたい、おめでとうと言っていられるのが、日本で、なんと幸せなのかと思ってしまいもします。

 職を失い、明日をも知れない人がいる一方、おめでとうと言いあう人がいる。

 これはやはりおかしい。

 若い感性のほうがまともです。

(アーカイブス)
2017/02/19(日)
後始末ができないのはプロではない
 若手女優が新興宗教に突然出家し、仕事を投げ出した事件がありました。

 出演テレビ番組や映画、CMも途中でキャンセル。

 到底責任ある行動ではありません、と私は思います。

 損害賠償を含めて所属事務所と話し合い、場合によっては裁判沙汰になるかもしれません。

 コメンテーターは働き改革に言及して、待遇問題まで話を広げています。

 ただ、どう見ても、途中で投げ出していいわけがありません。

 話し合い、改善方向の検討無しに突然の行動のように見えるので、批判されてしかるべきと思ってしまいます。

 タイミングが良すぎる告白本の出版も疑惑を強めます。

 働き方改革を持ち出すのは、筋違いで、個人的には見識不足のコメントで腹が立ちます。
 
       だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

パラサイト半地下の家族 

 ついにテレビ地上波で放送されました。

 インドを除くアジア史上初のアカデミー賞受賞作品です。

 凄い映画です。

 かなり衝撃です。

 邦画と違い、スケールが違う感じです。

 後味は悪い。

 テイストは、「万引き家族」と似ています。

 しかし、邦画とは違う乾いた感じが私は、良いと思います。

 もちろん、ケチをつけようと思えば、何か所かあります。

 でも邦画よりは良い。
 
 残念、悔しいながら、凄い映画と認めます。

(アーカイブス)
2017/02/19(日)
AI(人工知能)はどこまで行くか
 ひと頃、碁、将棋でプロに勝つのは遠い将来のことと言われました。

 ところが、今や、AIが勝つのが当たり前になってきました。

 未来予測が大幅に外れました。

 人間の力を過信していると痛い目にあいそうです。

 AIに翻弄され、AIに職を奪われ、AIにかしづくのがSFの世界だけではなくなる。

 時代が予想以上に進んだ結果が見えています。

 従来の時間がかかり面倒だった、分析、検討がAIに任すと迅速正確にこなしてくれます。

 人間の最大、最後の仕事、『決断』の比重がますます高まってくるでしょう。

       だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

映画「沈黙」を見て

 衛星放送を録画して見ました。

 映画が公開する前は話題になったようですが、興行的にはかなり苦戦したのはないでしょうか。

 エンターテインメント映画というよりは、原作の真面目さどおりにかなりの文芸教養映画で、しかも尺がけっこう長い。

 巨匠マーチンスコセッシ監督がほれ込んだ原作だけに、外国の人が描いた割には日本の姿にあまり違和感はありませんでした。

 ただ、やはり、キリシタン受難がテーマなだけに、結構リアルに目を背けたいシーンは避けられなかったようです。

 迫真性にもこだわりがあったはずです。

 役者も日本人俳優が、健闘していました。

 個人的には、イッセー尾形がうまいと思いました。

 そして、圧倒的に存在感を出していたのは、原作では主人公で、映画ではなかなか出てこなかった役のリーアム・ニーソン。

 彼が出てきて、映画が締まりました。

 有名なのは、「シンドラーのリスト」のシンドラー役です。

(アーカイブス)
2017/02/19(日)
女子フィギュア三原選手凄い
 4大陸フィギュアスケート選手権、まさかの逆転でした。

 ノーミスに加え、高い精度の高難度ジャンプ成功で終わってみればすっと抜けた1位でした。

 フィギュアというと技術が前面に出ますが、精神力の強さが土台です。

 関節の病気で滑ることができなかった逆境があっての今の強さでしょう。

 世代交代の波で一時ほど日本女子選手一強の時代ではなくなりました。

 ロシアの女子選手がとってかわりました。

 今回ヨーロッパ、ロシア選手が出場していませんが、三原舞依選手の活躍で対抗できそうな気がしてきました。

 さらにもう1人、2人有力な選手が出てくれば十分勝負になりそうです。

 男子のほうも羽生結弦選手がフリーで素晴らしい演技でした。

 惜しくも2位でしたが、それだけに今後の巻き返しへのモチベーションアップにつながったようです。

 世界選手権、ピョンチャンオリンピックが楽しみです。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

まったく気づかなかった看板  

 このごろちょくちょくテレビ番組で、わが地元東村山が紹介されます。

 志村けんの地元ということですが、特に名所が多いとは言えず、たいてい知っているところが紹介されます。

 しかし、この間の「ぶらぶらサマーズ」では、場所的には知ってはいたが、まったくスルーしていた店が紹介されました。

 看板に「美人ママがもてなす」と書いてある、小さなスナックをサマーズの三村が「気になる」と言って、番組で追っていました。

 結果は、フィリビン人のママが、お客さんのユーモアで書いてもらったことが判明。

 家族的なもてなしのようなお店でした。

 私は、この店の前はよく通っていました。

 ただ、そういう店、看板があるとは全く意識がありませんでした。

 さすが三村、目の付け所が違う、と感心しました。

(アーカイブス)
2017/02/19(日)
WBC勝ち抜くのは大変
 来月開催のWBCの各国メンバーが発表されましたが、どこの国も改めて強いことが分かりました。

 この中で勝ち抜くのは大変だということを実感しました。

 日本は過去2回優勝しています。

 しかし、それはまだ大会が始まった1、2回大会で、各国それほど力が入っていなかった頃の話です。

 それでも相当苦労して優勝しました。

 今回は大リーグビッグネームの選手がごろごろいて、かなり強力メンバーです。

 日本が対抗するにはパワーではなく、スピード、正確さ、守り、走力でしょう。

 女子野球が日本がダントツに強いのが逆に参考になります。

 とにかくパワーを見ると勝ち目はありません。

 継投、細かい野球、チームワークがカギです。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

長寿者に変化  

 最近は90歳以上が特段珍しくなくなりました。

 長寿社会の最先端を行く日本では、90歳以上がごろごろいます。

 さらに驚くのが、普通にスタスタ歩き、普通にスラスラ話します。

 全然ヨボヨボしていません。

 下手をしたら、走り出すかもしれません。

 長生きの上に、健康な方が、珍しくなくなってきました。

 これは大変素晴らしいことです。

 ただ、年金など社会保障で、長寿者を支える若い現役世代は大変だろうなと少し気の毒になります。

 日本はこれからは、もう少し、現役世代に還元する政策をとる必要があると思います。

(アーカイブス)
2017/02/12(日)
評論家、適菜収氏が面白い
 ラジオで初めて聞いて、まず驚きました。

 政治家はすべてといってよいほど呼び捨てです。

 しかし、よく聞くと正論です。

 他の評論家が周囲を気にして当たり障りのないところでお茶を濁しているのと全く対照的です。

 特に権力者、首相、都道府県知事、党首らには、その言動の矛盾、ご都合主義を突き痛快です。

 テレビにははっきり言って出られないと思います。

 適菜氏もテレビだからと主義主張は変えないでしょう。

 普通のコメンテーターとは全く違うので、もっと出てほしいとは思うものの、無理かもしれません。

 著書は良く出ているので、有名なことは有名です。

 啓発されます。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

年末年始で必ずあるニュース  

 火事ともちの喉詰まりです。

 乾燥して、風があり、暖房で火を使うので火事はニュース欄に必ずと言ってよいほど載ります。

 犠牲者が出るので、かなり痛ましい。

 また、餅の喉詰まりも必ず報じられます。

 お年寄りは噛みやすく飲みやすく、小さく切って、1人で食べないようにとテレビは言います。

 1人暮らしのお年寄りはもちは食べられないのだろうか。

 小さく切ったらもちはおいしくないではないか。

 いろいろテレビに向かってケチをつける自分がいます。

(アーカイブス)
2017/02/12(日)
近所の武蔵野線は風に弱い
 春先、風が強いときには要注意です。

 運航ダイヤが乱れる時があります。

 高架を走っている区間は、まともに風の影響を受けます。

 安全上、徐行したり、ひどいときはストップします。

 ですから、春先、風が強い日は、なるべく違うルートで目的地に行き、帰るようにします。

 武蔵野線は高架だけでなく、地下も走る区間があります。

 だいぶ以前ですが、線路に水がつかり、復旧までかなり時間がかかった時がありました。

 もともと貨物線で、人の交通用ではなかったという話も聞いています。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

私立学校に裏口入学があるか

 この間も、タレントの裏口入学かどうかを巡って週刊誌との裁判、判決のニュースがありました。

 私の考えは、私立学校だから、学力だけでなく、その他の面で入学を許可するのは、私立学校側の判断である、と思っています。

 現に、過去にそうした例があることを聞いてきました。

 私立の雄である、W大やK大でもそうしたことはあるやに聞き及んでいます。

 知り合いの方で、私より先輩で、K大経済学部を出て、三菱商事出身の方(エリートです)に聞いたことがあります。

 「そんなことはない」と言下に、即、否定されました。

 私もそれで引っ込まず、相手を刺激しないように、冷静に穏やかに話をし続けるうちにその方が言いました。

 「俺は学力で入った」と。

 要するに、寄付金で入学する者もいることを間接的に認めていらっしゃいました。

 お金だけではなく、入学者には家族親類縁者が同じ学校という意味もあるでしょう。

 私立だからそういう選択もあります。

 いい悪いだけでなく、そういう入学も、現実にあるはずです。

 だから裏口入学と言って、騒ぐ方がおかしい気がするのです。

 もちろん本人、大学の名誉とは別問題です。

 第三者から見れば、そういう見方があるということです。

(アーカイブス)
2017/02/12(日)
2月は短い
 ついこの間お正月だと思っていたら、2月に入り、もう中旬。

 アッという間です。

 2月は逃げるといいます。

 2、8月はにっぱちと言って、客商売を中心に景気が良くない月と言われます。

 特に2月は寒いので、何か、活動するイメージがわきません。

 ウィンタースポーツをする人は、シーズン真っ盛りですが、スキーは昔ほどする人がいなくなっています。

 と思っていたら、今年は関東南部以外は、異例の降雪です。

 雪かき、通勤通学の難儀、ニュースを見ると、大変だなと思います。

 それを思うと、2月がアッという間とは、言えないかもしれません。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp
プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR