FC2ブログ

U23アジアサッカー選手権惨敗

 結果は惨敗でしたが、内容的には紙一重といえば言えます。
 
 しかし、結果は負けて決勝トーナメントにも行けなかったことは大きい。

 不可解な判定、不利な裁定とも思える審判に振り回されたことは否めません。

 でも、それ以上に点が取れず、後半に致命的なミスを犯したことが、取り返しがききません。

 パスミス、それも不用意な最終ラインでのバックパスのミス。

 少ない決定期に決められないフォワード陣。

 打開策を明確に指示できなかった監督らコーチ陣。

 負けというマイナスをゼロに戻すまでにも大きな努力が必要。

 オリンピック出場権があるが、今のままでは、実力が伴っているか。

 勝つのは難しいことを本当に選手、コーチ陣が自覚したか。

 ファン、歴代代表選手に失礼な結果でした。

(アーカイブス)
2016/02/22(月)
ガソリン安値に驚く
 マイカーがないので今まで実感がありませんでした。

 先日外出し、バスからガソリン値段を見たらリッター105円とあってびっくりしました。

 安いと聞いてはいましたが実際見てみると驚きです。

 遠い記憶をたどると、円高だったころにこのくらいの値段だったかなーという気がしています。

 105円はセルフ値段と書いてあったので、店員がサービスしてくれると値は上がるかもしれません。

 しかし、安い。

 ただ、ガソリンは使わないので恩恵は受けていません。

 原油安ですから他の原油を基にした電気、ガスの値段はというと下がっても数円程度です。

 為替もあるので安くならないとしたら、ガソリンの安値はどうなのか。

 会社がもうけ過ぎているのではないか。

 逆にガソリンスタンドは苦しいんだろうなと思っています。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

毎月勤労統計の落とし前

 データの不適正処理で、雇用保険給付に不足が出るので、大問題、大騒ぎになりました。

 個人的に会社を退職し、雇用保険基本手当を受給した身として、自分も関係しているが、果たして文書が来るかどうかと思っていました。

 昨年11月、お役所から封書が届き、まさにこの問題についての確認、問い合わせの文書でした。

 額的には大した額ではありません。

 しかし、日本の役所はきちんとしている、というのが正直な感想でした。

 事務処理スピードは決して速いとは言えない。

 それでもうやむやになりがちな問題にきちんと対処している。

 これはこれで相当評価できます。

 当たり前と言えば当たり前ですが、結構、自分のことでしたから、行政を見直しました。

(アーカイブス)
2016/02/21(日)
確定申告、今昔
 数年前までは2月16日の確定申告初日は、芸能人はじめ有名人が税務署に初日申告でニュースになりました。

 今やその手の初日申告ニュースは影を潜めました。

 確定申告がもう電子申告、税務署に行かないで済ませることが当たり前になってきたからでしょう。

 しかし、初日申告ニュースがなくなったとはいえ、まだまだ確定申告期に税務署は混雑しています。

 ただ、昔ほどには混み合っていません。

 だんだんと訪署から郵送、電子申告という流れになってきています。

 昔はまた3月15日の期限日間際に混雑のヤマが来ました。

 今はこの混雑第二弾は来ないように予想しています。

 税務行政としては、当然の流れでしょう。

 昔を知る一民間人としては、昔のお祭り騒ぎのような確定申告が少し懐かしい気もします。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

建物探訪番組で思う

 いつも疑問に思います。

 掃除はどうするんだろう。

 冷暖房はどうなっているんだろう。

 造りはしゃれていても、窓が大きかったり、吹き抜けだったりすると、いつも疑問です。

 人に見せるのにはよいのかもしれませんが、住み難いのではないだろうかと思います。

 普段から住んで、違和感なく、掃除ができて、冷暖房費が嵩まなくて適温がリーズナブルで得られること。

 これが建物で一番大切だと私は思います。

 別にあかりが自然光でなく、広々とした感じがしなくてもよい。

 むしろそんなことよりもっと大切なことが忘れられている。

 一番実感しているのは住んでいる当の本人ではないでしょうか。

(アーカイブス)
2016/02/20(土)
プロ野球は危機感を持つべき
 1試合の時間が長く、もっとスピードアップと内容面で見せ場を意識すべきです。

 サイン交換が長く、投手がなかなか投げなかったり、打者が打席を意味なく外したりなど。

 今までは見せる競技としてライバル競技がなく許されていた時間が、この時代に合わなくなっています。

 単純に1試合の時間をもっと短く、内容はもっとエキサイティングに、チーム全体、野球運営組織すべてで考える時期に来ています。

 他のテレビ番組みたいに試合内容よりもCMが目立つような内容では、これからファンが離れてしまうのではないでしょうか。

 参考になるのは先輩の大リーグです。

 初球からガンガン打ちます。

 打席を意味もなく外しません。

 投手はランナーけん制も何度もしません。

 ストライクをポンポンと投げ込みます。 

 それでいて試合自体はエキサイティングです。

 大リーグの試合は大味という人もいますが、今の時代、スピードアップしないとサッカーなどにファンを奪われてしまいます。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

ゴーンは腹立つが………

 そんなゴーンに頼った日産に責任がある。

 モノづくりにはたけても、モノ売りに疎いと、とんだ目に合う。

 公私混同、額に汗して必死に稼いだ大切な財産を掠め取られた気がしていることでしょう。

 ゴーン、外資に身を任せた出た錆と言ったら、一言過ぎてきついでしょうか。

 もともと日産は労組がやりたい放題で、車は良いが、経営がめちゃくちゃだった。

 その悪しき伝統が、外資、ゴーンのような外国人経営者の招請につながり、今の状況につながった。

 日産車を愛している人は多いはずです。

 特に末端の車づくりに携わる人はそうでしょう。

 日産経営者は本当に罪作りです。

(アーカイブス)
2016/02/20(土)
データ消去証明書やっと届く
 1月7日に近所の中古パソコン販売店にごみ化したパソコンを持ち込み、処分を依頼しました。

 そのパソコンのデータ消去証明書がやっと2月16日に送付したという案内とともに届きました。 

 見ると、入荷日は1月13日、処理日は1月15日となっています。

 とっくに処理していたことになります。

 2回確認の電話をしましたが、初めの電話で「年末年始は繁忙期で、立て込んでいて、1か月近くかかりますがご容赦ください」とのことでした。

 2回目の催促でようやく届いたのですが、処理はしたものの書類製作で時間がかかっていたようです。

 マイナンバーではありませんが、仕事に使っていたパソコンなのでマル秘データが入っています。

 年初めに再起不能と言ってよい完全故障のパソコン2台の処分を依頼して一段落していました。

 しかし、データ消去証明書が届いていなかったので、引っかかっていました。

 やっと証明書が届いて、ホッとしています。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

紅白歌合戦って

 ネーミングからして時代遅れです。

 戦国時代じゃあるまいし、合戦はもうない。

 やめるべきです、見てないけど。

 NHKの存続問題にもかかわってきます。

 娯楽番組からは手を引けという意見も多々ある。

 しかし、報道、特集番組にもいろいろ偏向しているという批判がある。

 不当な莫大な利益を得ているという意見もある。

 批判の材料を提供している紅白は、止めないなら、抜本的な見直し、これもかなり以前から言われていますが、見直しが必要でしょう。

(アーカイブス)
2016/02/20(土)
コンピュータ万能を疑う必要
 例えば、マイナンバー。

 コンピュータ管理を盛んに宣伝しています。

 しかし、コンピュータ管理にすると、最悪、外に漏れるケースも考えられます。

 基本は、原理・原則を知ったうえで、自分で管理することです。

 すべてコンピュータにお任せですと、どういう場合に漏れたり悪用されたりするか推定も予想もできず、管理も甘くなります。

 タンス預金を考えてください。

 自分で管理し手元に置いておくのですから常に監視していれば、それが一番安全です。

 ただ、現代社会で、多忙、コンピュータ・電子社会で、なかなかケアできません。

 それで一番安全な自分管理を知ったうえでコンピュータにやらせるという考えであればベターな選択です。

 初めからコンピュータ任せは危険です。

     だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

民放も真似しているNHK方式

 休日の番組は、特集番組を再放送して手を抜く。

 民放も真似しだしました。

 だから、休日のテレビ番組は、普段に増してみるべきものがありません。

 それでいて、NHKはじめ各テレビ局は未だに巨利を稼いでいます。

 NHK以外は懐が厳しくなっているという話も聞きます。

 それでも内容に比べ不当利益を得ている感じがします。

 もう賢い人はテレビをあまり見ません。

 ラジオはだいぶ以前から聞く人が減っています。

 エネルギー問題、環境問題から言って、くだらない番組を1日中放送している放送局がまず自局の改革をすべきでしょう。

 特にNHKは、抜本改革、具体的には縮小出直しをすべきです。

(アーカイブス)
2016/02/20(土)
政治家、今は出したい人より出たい人
 現実は公募制度が主となり、そうなっています。
 
 失言、放言、不倫、汚職疑惑などどうも身辺グレーな話題が多い。

 政治家も職業の一つで、報酬が重要なことは間違いありません。

 名誉、重責が伴うことで、その額も一般人より大きい。

 そこに魅力を見つけ過ぎた人が多いから、不祥事が連発しているのではと思ってしまいます。

 人間、大なり小なり同じようなもので、政治家だけにクリーンさを求めてもないものねだりかもしれません。

 ただ、出たい人が本当に世のため人のために仕事をしているか、国民・市民はチェックする義務があります。

 忘れっぽいことでは困ります。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

ニーチェに共感

 ニーチェはキリストの教え、キリスト個人には何ら批判をしていません。

 しかし、キリスト教へは真っ向批判しています。

 弱者優先はまだしも、強者への恨みつらみ、正統な評価から引きずり下ろすことを批判しています。

 お隣韓国は儒教とともにキリスト教の浸透が深い。

 国民性がキリスト教の教えとシンクロしているのでしょう。

 かたや日本ではキリスト教はそれほど広まってはいません。

 一神教の妥協を許さない教義が日本人にはなじまないのでしょう。

 キリスト自身は自分の教えとキリスト教がだいぶ違っていると感じるのではないでしょうか。

 ニーチェは勇気をもってこのことを指摘し、後世の共感を呼んでいる、こう私は見ます。

(アーカイブス)
2016/02/20(土)
ポジティブアクションとは
 過去に賃金・労働時間など労働条件で不当に差別を受けていた女性に対し、労働条件で男性に比し一定の優遇措置を与えることです。

 例えば、昇進条件。

 転勤経験がないとクリアできないとすれば、家庭の事情で転勤ができなかった女性に不利があるのでその点を考慮する。

 あるいは、勤務年数で同じ職位にいる男性より短くても上に引き上げる。

 採用人員で、女性の比率を上げるために多く採用する、などなど。

 男女の機会均等からすると、それだけを見ると公平を欠くという見方もあります。

 内閣で女性大臣を起用するということもポジティブアクションに入ると私は思います。

 賛否両論があります。

 追い越された男性はもちろん、同性の女性からもあるでしょう。

 過去の男性優位の経緯からみると時代の流れと言ってもよいかもしれません。

 ただ、優遇されたのは事実ですから、今後の実績を積み上げて、反対派を黙らせるしか、真に自立の道はないと思います。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

ロシアの底力

 宇宙開発で、アメリカと争っていた時代から、ロシアの科学力は西側先進国にとって脅威でした。

 高校生の数学、物理オリンピックでのロシアの天才が受賞するのは当たり前。

 国際宇宙ステーションへのロケット打ち上げはロシアなくしてできませんでした。

 芸術分野は言うまでもなく、スポーツ大国です。

 ただ、薬物違反でスポーツは、オリンピックで国として出られません。

 国としては、とかく問題が多いが、ロシア人の実力は世界を超越して高いのは確かです。

 国として今一だから個人が頑張るのかもしれません。

(アーカイブス)
2016/02/14(日)
アイスホッケーはメジャースポーツだった
 かつてアイスホッケーは日本はかなり強いほうでした。

 Aグループ、Bグループと分かれ、Bグループの一番争いから、Aグループ入りもうかがえそうな位置でした。

 強いのはAグループのソ連、チェコ、スウェーデン、アメリカ、カナダなど。

 しかし、Bグループでも旧西独、フィンランド、東欧など欧州が多く、日本は遠いアジアにおいて、それらの国と拮抗する実力でした。

 かなり人気スポーツで、その意味でメジャーでした。

 ピョンチャン五輪の予選で、勝利インタビューに答えた選手が、「アイスホッケーをメジャースポーツにしたい」と言っていました。

 メジャーだったことを知っている身としては、時代の流れ、アイスホッケーが経てきた苦しい時期を感じます。
 
 これから、昔以上の人気スポーツとなることを期待しています。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

大学の序列今昔

 国立大学の沈下と私立大学のアップが目立ちます。

 収益力の低下とともに、学費の値上げ、研究費のなさが直撃しました。

 学生からの支持、人気もなくなり、国立大学の再編も計画されています。

 さらに、文化系学部の存続の危機も言われています。

 大学の序列どころか、学問の危機も叫ばれています。

 ここ数年日本人ノーベル賞受賞者が出ていますが、将来は暗い。

 大学の異変が学問の危機にも通じているのは、恐ろしいことです。

(アーカイブス)
2016/02/14(日)
ニュースバリューが昔と違う
 芸能が一般ニュースにかなり食い込んできています。

 昔は大スターでもなければあまり普通のニュースのネタになりませんでした。

 今は新人タレントくらいでもネットがあるのでニュースになります。

 新聞、テレビでもネットよりはハードルが高くてもよく芸能ネタが取り上げられます。

 個人的にはあまり好ましくなく思っても、そういう流れなのでしょう。

 人間の生活、趣味嗜好、昔と今とで変わった面がある一方、本質はあまり変わってないとも言えます。
 
 取扱いの違いで本質が変わったと思うほうが危険かもしれません。

 ただ、そういうことを察知できる人は良いが、メディアに慣れない青少年にはあまり良い影響は与えないのではないかと危惧します。

     だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

巨大IT産業には適正課税を

 そう思っていたら、自主的に納税するIT企業が出ました。

 さすがに利益の割に納める税が少なすぎると感じて危機感があったのではないでしょうか。

 国際間にまたがる巨大企業は節税手段もよりどりみどり。

 あまりに暴利を貪ると今後の市場での生き残りにかかわるとみて、戦略を立てて実行した結果と見ます。

 課税して税を納めてもまださらに巨大な利益を見込んでいるはずです。

 今後は、有利な立場を利用した、他企業への圧迫と巨大データの適正管理利用が課題です。

 5Gを利用してのさらなる発展を見込める業界です。

 まず、適正課税を数社の自主的納税だけでなく、制度としての適正課税を望みます。

(アーカイブス)
2016/02/14(日)
急に気温が上下する
 立春が過ぎたので暦の上では春です。

 しかし、一年中でこの時期が一番寒い季節です。

 ただ、やはり、日の長くなるとともに何とはなしに温かさも感じてきました。

 季節は早く動いています。

 二月は逃げる。

 三月になると桜も咲いてきます。

 一年早い。

 人生短い。

     だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp
プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR