FC2ブログ

米ドラマ制作側の矛盾

 人権、人種、性志向に敏感で、公平、公正を大義に掲げる米エンターテイメント業界ですが、その中身を見ると案外白人優先の差別志向になっています。

 アフリカ系人種には、結構、気を遣う割には、中南米、そして意外とまだアジア系人種への差別があります。

 俳優の格差や、登場回数、描き方など気を使っている割には、その奥にかなりの差別感が漂います。

 現実に、犯罪率からいうと、白人より多いので、現実を描いているという言い訳も成り立ちます。

 しかし、わざわざ、エンタテイメントで、現実を描いてもどうかというか、かなり疑問です。

 そして、何より、こうした業界では、マネーの存在が物を言います。

 金を出した側の意向をくむということです。

 ハリウッド製のドラマで、日本人より、中国人、韓国人俳優が目立つのは、金が出ているのでは………

 そうした見方はうがった見方か。

 とにかく差別はかなり根深いとみています。

(アーカイブス)
2015/10/08(木)
内閣改造で思い出す新聞切り抜き
 サラリーマン時代、仕事の必要から、内閣一覧を先輩たちはデスクのそばに貼っていました。

 私も今、それを真似て新聞に内閣一覧が載ると切り抜いておき、そばに置いています。

 昨今、インターネットで何でも検索できるので、特に必要ないかもしれません。
 
 しかし、こうしておけばインターネットで調べる手間がいりません。

 先輩たちはこうして仕事を効率的に進めていました。

 別にそうしろと教わったわけではありません。

 ただ、横で見ていただけです。

 おそらく、先輩方もその先輩方の方法を真似たのでしょう。

 今はパソコンで何でも調べますから、こうしたことはないのではないでしょうか。

 自分のデスクもない人もいる現在、日本的な良き伝統と言えば大げさかもしれませんが、身近なところで仕事の伝承が崩れてきているかもしれません。

        だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

煽り運転の狂気

 常磐自動車道で、煽り運転をし、暴力をふるった事件。

 容疑者は、全国指名手配となり、つかまりました。

 とにかくその行動は異常で、正常ではありません。

 ネットでは、素早く反応し、異常性を指摘し、違法麻薬使用の疑いも言われています。

 また、同乗者の女の異常性も指摘されています。

 ネットのニュースは、マスコミから信ぴょう性、公平中立性が疑われていますが、結構核心をついています。

 大手マスコミがスルーしがちな、ニュースの裏側について瞬時に推察してくれます。

 それくらい、ひどい犯罪でした。

 しかし、犯罪としては重罪まで行かず、執行猶予がつくくらいの罪と推察するのがマスコミに登場する弁護士の見方です。

 個人的な気持ちは、実刑、それも相当年数の科刑を望みます。

(アーカイブス)
2015/10/07(水)
連日のノーベル賞にビックリ
 昨日の医学生理学賞に続き、日本のお家芸ともいえる物理学賞でも日本人受賞となりました。

 きのうのブログでは去年のノーベル賞を化学賞と間違えてしまいました。

 うれしさの余りと言い訳しておきましょう。直しておきました。

 梶田隆章さんおめでとうございます。

 小柴昌俊さんの「とって当然」という言葉が印象的でした。

 それだけ日本人研究者のレベルが高く、他にもまだ多くの受賞候補がいることがうかがわれます。

 江崎玲於奈氏もテレビでお元気な姿でコメントされていました。

 自然科学系で2日連続の受賞、今度は文学賞もがぜん可能性が高くなった気がします。

 それにしても名誉教授ではない、栄誉教授という肩書ができていたのは初耳でした。

        だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

最新の温水洗浄便座

 日本人にとっては今や当たり前になってきた、温水洗浄便座。

 外国の人には、驚異のジャパニーズクール製品ということになります。

 使ってビックリ、天にも昇る心地になり、そのとりこになると言います。

 現在はさらに進歩し、便座やその上の蓋も自動開閉です。
 
 トイレのドアを開けたら、蓋が自動で上に上るので、入るたびにぎょっとします。

 そして、蓋、便座はそのままにしておけば、自動で下に下ります。

 実に便利です。

 しかし、未だに慣れません。

(アーカイブス)
2015/10/06(火)
ビッグニュースに心躍る
 ノーベル賞ウィークに入ってすぐにビッグニュースが飛び込んできました。

 医学生理学賞に大村智さんが選ばれました。

 昨年の物理学賞に次ぐ連続の日本人受賞に驚きました。

 また、大変失礼ながら、予想には有力候補として挙がってなく、いわばダークホース的な受賞でもありました。

 しかし、そのご経歴、受賞コメントから誠実な人柄といわゆる学歴エリートではない地道な努力の末ということが感じられました。

 これはノーベル賞選考委員会のヒットでしょう。

 ノーベル賞は有力視されていてもなかなか受賞とはならない面があります。

 実用面、同様同種の研究者の有無、さらには地域的バランスもあるのではないかとも推察されます。

 と、ここで毎年文学賞で騒がれる村上春樹氏はいったいどうなるか、ということもふと考えてしまいました。

 ジャンルが違うということで文学賞も受賞なら、最高です。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

米中貿易戦争と日韓摩擦

 世界的問題が米中間だとすると、コップの中の嵐と言ってよい日韓関係。

 しかし、安全保障面からの摩擦という面からいうと、同義の問題とも言えます。

 日韓問題では、韓国がアメリカに仲裁を求めました。

 そのアメリカはもっと大きな問題の当事者として揉めている最中です。

 正直なところ、それどころではないといったところでしょう。

 どちらに味方もはっきりとは出来ない立場です。

 韓国は当事者として問題を先送りして来て、いざ事が起きると、仲裁を第三者に求めたり、都合良く話合いという。

 日本は当然大迷惑ですが、アメリカにとっても、うんざりしていることでしょう。

(アーカイブス)
2015/10/05(月)
以前に比べ回復が遅い
 風邪の直りが遅い。

 未だに咳が出ます。

 前なら週末に風邪をひいても土、日休んで、翌週には直っていました。

 今や、シルバーウィーク前にひいた風邪がまだ完全に治っていない気がします。

 寒暖の差が大きい季節で、体調を崩しやすい季節のせいもあると思います。

 しかし、直りの時間が長い。

 腰も痛いし、細かい字も苦手です。

 それでもまだそれほど年を取ったという気もしません。

 これが結論と言えば結論です。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

ヘイトスピーチ国家

 お隣の南北朝鮮です。

 とにかく日本を敵視し、嘘つき、盗人と言いたい放題。

 ヘイトスピーチ禁止法という法律ができましたが、かの国に適用してもらいたいくらいです。

 一方で、ヘイトスピーチとして禁止し、一方は国がヘイトスピーチをする。

 もともとそういう構図があってのヘイトスピーチではなかったのではないかと言いたくなります。

 特に、今までは同盟国、自由主義国家としてきたお隣の韓国の大統領には、日本人は呆れかえっています。

 歴代大統領は、汚職摘発や、自殺など悲惨な運命をたどっています。

 韓国の人は、今一度、自国の状況を冷静に考え、政治家を選び、政治を変えるべきでしょう。

(アーカイブス)
2015/09/27(日)
インド映画に見る日本へのリスペクト
 インドは数学オリンピックでも金メダル常連の理数系天才を多数輩出するIT先進国家です。

 映画大国でもあります。

 その映画で、日本でもヒットした青春映画『きっと、うまくいく』(2009年)という傑作があります。

 全寮制のエリート工科大学での青春とその後の生き方を肯定的に描く映画です。

 理数系教育へのこだわり、厳しさ、卒業後の栄達の道が興味深い。

 その中で、学生、大学教授の中に、日本へのリスペクトが見えます。

 敗戦のどん底から立ち直った日本が、経済面での繁栄を勝ち取った裏に、高い教育と実践と倫理観があったのを感じているのです。

 セリフからいうと1か所くらいでしたが、厳しい勉学に耐える精神の基にある日本へのリスペクトがひしひしと伝わってきました。

 個人的に言うと、この映画は昔(1973年)のアメリカンニューシネマ『ペーバーチェイス』を下敷きにしていると思っています。

 少し横道に逸れますが、主演の女優はテレビ人気シリーズ『バイオニックジェミー』のリンゼイ・ワグナーです。
 
 かなり設定が似通っています。

 しかし、現代インドの実態、学生の卒業後を描き、笑い、涙、踊り、ミュージカルとさらにエンターテイメント性を高め、傑作に高めています。

 どちらもおすすめの映画ですが、日本人にはインド映画のほうがリスペクトをはじめとしてより琴線に触れるのではないでしょうか。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

冷房の常識

 冷房は切ったり点けたりせずに、ずっと、点けっぱなしが電気代節約になるというのが新常識です。

 でも貧乏性なので、涼しくなるとつい切ります。

 どうしてもそのほうが電気代節約になると思ってしまいます。

 しかし、どうやら違うようです。

 ただ、冷房が効きやすいよう、カーテンや覆いをしたり、扇風機で風を送ったり、室外機の運転を邪魔しないよう、日よけをしたりする必要があります。

 こうした上で、28℃くらいの節約運転をするなら、という条件付きです。

 電気代が分かるのは1,2か月後ですから、すぐには分かりません。

 本当にそうなのか、まめにチェックする必要があります。

(アーカイブス)
2015/09/27(日)
中国警戒論ではなく中国警戒を
 今や爆買いで象徴される経済的地位を誇り、また、その失速で注目される中国。

 軍事面でも周辺諸国に懸念をばらまいています。
 
 そして、その軍事力を背景に領土拡張、侵略を着々と進めています。
 
 まさにナチスドイツのような独裁、ファシズムを実践しています。

 表面上、民主主義、平和主義を謳っていますが、全く逆のことをしています。

 ですから中国警戒論、脅威論ではなく、中国警戒、脅威です。

 安保法も実際は北朝鮮、対テロ問題よりもこの問題から成立を急いだのでしょう。

 憲法違反問題だけで騒がれた法案の中身である安全保障が、中国脅威を抜きで話し合われたのは意図的であったのかどうか。

 太平洋戦争前後の歴史を教えようとしない歴史教育と何か重なり合う姿勢が見えます。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

為替と株価

 米中貿易戦争がなかなか終わらず、また、新たな段階に入ってきました。

 追加関税に加え、ドル安、円高、元安と言った為替変動が大きくなり、まさに市場が大きく動揺しています。

 さらに、円高の一方、新興国の通貨安がかつての通貨危機のような、為替の変動からの経済恐慌を呼ぶのか、注目されています。

 日本は円高により輸出産業の減益が確実です。

 大きな変動で、大きな減益となります。

 1円でも大きいのに5円近い変動で、為替リスクをもろに受けました。

 株価は連動して下がりました。

 景気も冷えます。一時的な変動であれば良いのですが、大きな為替変動は良いことではありません。

(アーカイブス)
2015/09/27(日)
米から見れば安保法は「哀れなほど小さな変化」
 9月20日付の東京新聞6面で、安保法成立で米中韓の3国識者の意見が載っていました。

 中韓の識者は、予想される懸念の意見で、特に注目もしませんでした。

 しかし、アメリカのヘリテージ財団上席研究員のブルース・クリングナー氏の意見は目を見張りました。

 あれほど日本では歴史を変える法案と騒ぎ、国会騒乱を起こした問題を「哀れなほど小さな変化」と言っているのです。

 アメリカから見るとそうなのでしょう。

 安倍首相が約束した法案成立もむしろ遅いくらいの印象に違いありません。

 むしろ、これが客観的事実とみたほうが良い印象です。

 韓国識者意見の見出し「アジアに強国また一つ」、中国識者の見出し「強引で民主主義に反する」よりよほど説得力、インパクトがあります。

 韓中識者意見の見出しは馬鹿かというか、まともなことを言っている見出しではありません。

 憲法違反ということで大騒ぎしていましたが、世の中の実態は違うという事実の一つです。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

印象操作は新聞のことではないか

 確か先の参院選で、公開党首討論で、夫婦別性に賛成か問われ、7党党首のうち安倍首相だけが反対でした。

 その時の写真がまさに印象操作でした。

 安倍首相一人だけが、確か手を上げている図でした。

 新聞は文章よりも図、絵、そして何より写真がインパクトが強い。

 1人だけが手を上げている図は、かなりのインパクト。

 その絵柄を撮るための質問だったのではないかと疑います。

 まさに印象操作。

 人を陥れる質問だったのではないかと今思います。

(アーカイブス)
2015/09/27(日)
サイバーテロは世界的問題
 軍事は今や正体が分からないサイバー戦の時代に入っています。

 ですから、米中がいくら表面上サイバー戦の回避を宣言したところでお題目にすぎません。

 現実に実践としてサイバー戦を仕掛け、仕掛けられています。

 そうしないと、戦争に至らない紛争、経済面でも立ち遅れてしまいます。

 言っていることとしていることがまさに逆です。

 そして、今後ますますサイバー戦、サイバーテロが横行するはずです。

 何しろ、正体が見えないのですから、「やってない」と言えば済むのです。

 日本はこうしたサイバー戦に後れを取っているといえるのではないでしょうか。

        だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

小型核の時代

 戦略核とも言います。

 実際に使用するには、大きすぎると思われる核に比べ、小型核は使用するにも製造するにも容易とされます。

 それだけに、核保有国の間では、静かに小型核、戦略核の研究、製造が進められていつの間にか核兵器が増えています。

 核兵器廃絶が叫ばれる中、小型核が段々と増えてきている恐ろしい状況です。

 ミサイル弾頭にもつけやすいのも確かです。

 ミサイルを北朝鮮が発射し続けています。

 日本に届いていない試験段階でも小型核を考えると大いなる脅威です。

 まさに今、核の時代なのです。

(アーカイブス)
2015/09/27(日)
歴史番組を見るようにしている
 特に太平洋戦争前後の歴史です。

 学校で教師がたぶん意図的に日本史で教えなかった、習わなかった時代箇所です。

 なんとなく知っていても字面だけ、表面だけで通り過ぎていた感があります。

 事実をある程度客観的に映像で紹介してくれるテレビ番組は貴重な資料です。

 今の安全保障問題、沖縄米軍基地問題に直結する意義もあります。

 ですから、戦後日本が歩んできた道、戦前の道、共に学ぶ必要があります。

 本当は学校で教え、学ぶべき問題です。

 それを意図的か意図的でないか、どちらかは分かりませんが、避けてきました。

 若い世代こそ学ぶ必要があるはずなのに戦後日本はそれを回避してきたといえます。

        だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

ドストエフスキーの宿敵

 ツルゲーネフだそうです。

 小説『悪霊』の中で、ツルゲーネフを模した人物を登場させています。

 功成り名遂げた小説家として、時代に合わないどうにも魅力的でない人物として描いています。

 どれほど嫌いだったか分かるくらい嫌っていたことが、小説に登場させるくらい如実に示される結果となりました。

 どちらも国民的作家として、世界的な名声を得ています。

 しかし、今日的話題性から見ると、圧倒的にドストエフスキーが有利な位置を占めたのでは、と個人的には思えます。

(アーカイブス)
2015/09/25(金)
ウィンドウズ10に変える
 連休中に時間があったのと、特にパソコンのOSシステムにこだわりがないことから、ウィンドウズ10に変えました。

 4月に前のパソコンが壊れ、ビスタから8.1に変えたばかりで、変えることに抵抗がないこともありました。

 新しいOS導入まで2時間近くかかり、画面で、「通常より時間がかかりました」という表示が出ました。

 しかし、待つだけで簡単に導入できたという実感です。

 それほどパソコン操作に詳しいわけではなく、前の8.1の操作にも慣れ始めたくらいで、10の印象は「前よりは良い」くらいな感想です。

 「良い」というのは、マウスの操作で、普段は隠れている右側に現れる電源マークを呼び出す操作がなくなったことです。

 これはマイクロソフトもPRしていますが、以前のスタートボタンに戻った感じです。

 こちらの操作のほうが断然良い。

 残念ながらそれほどパソコンに詳しくないので、今のところ、良いと思ったのはこれくらいです。

 アイコンのデザインが変わったのがあります(ゴミ箱)。

 今までのデータはそのままですから、新しいほうがいいのかなくらいの感覚です。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp
プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR