FC2ブログ

大坂なおみはテニス界のタイガーウッズになる予感

 それくらい、強さが鮮烈でした。

 これから世界4大大会、グランドスラムを何回も取りそうです。

 まだ20歳で発展途上で、さらに進化しそうな気配です。

 ゴルフでタイガーウッズが出てきたときのようです。

 タイガーウッズもハーフ、大坂なおみもハーフで、身体能力が抜群。

 競技に対する姿勢も真剣、真面目。

 このままいけば、名選手になる予感がします。

(アーカイブス)
2014/11/03(月)
図書館は貸出限度10冊
 東村山市の図書館はそうなっています。

 期間は2週間です。

 以前は6冊で3週間でした。

 貸出冊数は増えたのですが、貸出期間が1週間短くなりました。

 貸出サイクルを短くしようということでしょう。

 その代わり、冊数を4冊増やしたことになります。

 読み切れない本も出てきますが、リクエストが入ってない限り、延長ができます。

 便利にはなっています。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

迫真の演技イッセー尾形

 このあいだNHKで、警察庁長官狙撃事件の捜査実話ドラマを放送してました。

 担当の警察官は國村隼、そして、重要参考人、容疑者をイッセー尾形が演じてました。

 この事件は、オウム真理教が関係しているかと大多数の国民が感じていましたが、どうやら、まったくオウムと関係ないところで捜査が進んでいたという話です。

 ただし、未解決事件で、初動捜査が間違っていたのではないか、警察内部での権力抗争も絡んでいたのではないかということです。

 未解決なだけに、なかなか事実に迫るのは難しいはずなのに、原作の刑事さんの著作の力もあり、かなり真実に迫っていたのではないかと思われます。

 主役の國村隼も熱演でしたが、イッセー尾形の演技は、真に迫っていました。

 とにかくかなり真実に迫っていたはずで、ドラマを見れば歴然としているはずですが、未解決事件です。

 事実、真実と違うところで、現実が動いている。日本社会の不思議です。

(アーカイブス)
2014/10/30(木)
クールジャパンという言葉に違和感
 取り立てて日本賛美をするように聞こえてしまいます。

 特にNHKなどが外国人の方を集めて日本のことを紹介するのにわざわざ言わせている感があります。

 東京五輪を控えていますが、その前から円安効果で外国人観光客の姿も目立ちます。

 クールジャパンといって、日本の良さをPRするのに一生懸命なのでしょう。

 しかし、良いと思うから外国人の人がすでに来ているのです。

 あまりクールクールと言わない方がいいのじゃないでしょうか。

 クールに見えません。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

今年の秋は寂しくない

 夏が暑すぎて、いつも秋に感じるもの悲しさを感じません。

 少し涼しくなったと思ったら、また暑くなりました。

 本当に夏が長い。

 だから、例年くる初秋の侘しさがないくらいです。

 台風、地震もあり、日本だけでなく、世界各地で猛威を振るっています。

 秋の台風はもう結構。

 それくらい暑くて、自然災害が来た今夏でした。

(アーカイブス)
2014/10/30(木)
頭にきた巨人の2投手
 山口投手と沢村投手。

 相手もプロですから打たれることもあるでしょう。

 しかし、打たれたときは何くそという気概がないと、次はないということを肝に銘じないとファンは離れます。

 クライマックスシリーズで打たれた2人。

 山口投手は「僕のせいで負けた」と子供のような泣き言。
 
 沢村投手は点をとられ負けているのに投球回を終えて笑顔でダッグアウトに帰る。

 これはおかしい。

 負けるべくして負けたのであって、ペナントをとった方がおかしい。

 2人とも実力はあるのに、ここ数年結果が芳しくない。

 心の問題なのか。

 体も大切だが、心の問題だとしたら選手生命も危ういのではないか。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

名前の被害

 「貞子」という名前の人がいたら大迷惑だろうなと思っています。

 今は子がつく名前が少なくなっているとはいえ、大人でも迷惑しているのではと考えると、大変気の毒です。

 というのも親戚にこの名前の人がいたからです。

 以前は女優に沢村貞子さんがいました。

 朝の連続テレビ小説「お貞ちゃん」にもなりました。

 ごく普通の名前です。

 ホラー原作者は、どういうつもりでこの名前を使ったか。

 本当にエライ迷惑をこうむっている人がいるはずです。

(アーカイブス)
2014/10/26(日)
図書館の効用(続)
 最近、雑誌の処分として、展示して、お持ち帰り自由ということをしています。

 古い雑誌ですが、興味ある分野の雑誌なら、十分魅力的です。

 借りるだけでなく、こういうサービスもしてくれるので、ありがたい。

 1人10冊までですが、結構、多くの人が見て持ち帰っているようです。

 古い雑誌といってもせいぜい2,3年前のものです。

 少し前の流行りとその後の結果も知ることができます。

 時代を見る目も養えます。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

台風が過ぎたと思ったら地震被害

 台風、地震被害にあわれた方には、掛ける言葉がないくらいにお気の毒です。

 台風直撃の後、間髪をおかずに起きた地震で、直前の台風被害の影響が薄れた気がしてしまいます。

 台風被害でも停電がありましたが、地震のほうは、やはり何と言っても全道停電の影響が大きい。

 生活に直結し、被害地域が大きかった停電のインパクトがより強かった。

 まさに災害列島日本で、災害対策が大いに叫ばれています。

 電気なしには、生活がままならない現代に、いかに対処するか。

 猛暑の後に国民一人一人に問題を突き付けられました。

(アーカイブス)
2014/10/26(日)
図書館の効用
 とりあえず借りて、合わないと思ったら返却できることです。

 仕事柄、ビジネス本を借りることが多く、その多くがあまり自分に合いません。

 ハウツー、ノーハウ本は若い人向けです。

 そして、そのハウツー、ノーハウはその人独自のもので、他人が参考程度にするものです。

 若い人は素直なので、そっくり真似ても良いのでしょう。

 それで失敗しても糧になります。

 ビジネス本の多くは、どちらかというと、受け狙いの本が多い気がします。

 借りて読んだ方が良いと思っています。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp
プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR