FC2ブログ

世界的企業のパフォーマンス

 人権尊重、男女平等を言う割に、商売がらみになると黙る。

 これは非常に卑怯です。

 あえて個別名は言いません。

 誰もが知る企業がこういうことをする。

 まさに金がすべてです。

 今は大企業として、その地位を謳歌していますが,将来的にはどうか。

 必ず報いが来ると私は思っています。

(アーカイブス)
2017/03/26(日)
サッカーUAE戦は良かった
 1点目が決まると順当な落ち着いた結果になります。

 この先取点がいかに取れないか、今まで苦労してきました。

 ただ、UAE戦はホームで先取点を奪いながら、逆転負けをした因縁の試合です。

 相手に研究されて、なかなか追加点を奪えず審判の不可解なジャッジにも影響されて負けました。

 今回は前半早めの時間帯、後半も早めに追加点を取れて結果的には満足する試合になりました。

 途中、相手に決定的なチャンスを作られましたが、川島のファインセーブに助けられました。

 本来これくらいはできるチーム、力があります。

 メンバーが変わっても同じくらいのパフォーマンスができるチームが2、3チーム作れるくらい日本の力はあります。

 しかし、これから先油断は禁物。

 タイ戦にももちろんある程度点を入れて勝ってほしいと思います。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

流行り病

 世界の名作小説を読むと結構流行り病が出てきます。

 新型コロナ禍で、切実な問題に直面しているだけに、今こうした小説を読むと、平和な時代に読む時とは全く違う緊迫感を覚えます。

 さらに戦争が影を落としています。

 戦争と同じと欧州首脳はコロナ禍を言いました。

 しかし、戦争とはやはり違います。

 戦争ほど切実、緊迫感はないにしても、当時の人がどう受け止め、どう対処したか。

 小説を読むと、ありありと時代、人種を超えた、人間真相が見えてきます。

 テレビもいいが、名作小説を読むべきでしょう。

(アーカイブス)
2017/03/26(日)
ニュースで思い起こす清水作品
 森友問題で上や下への大騒ぎです。

 そもそもが保守系学校の設立が核心の話です。

 それで思い出したのが、清水一行によるモデル小説『虚構大学』。

 京都産業大学の設立がモデルです。

 革新系が強い土地柄の京都に保守系の大学を設立する話です。

 政治家、スポンサー、あらゆる伝手をたどり、学校設立に向けて悪戦苦闘します。

 相当な信念と努力が学校設立には必要です。

 籠池氏はいろいろと言われていますが、あれくらいでないと学校はできないでしょう。

 もちろん、良い悪いとなるとかなり灰色です。

 そのくらい学校を作るのは大変なことです。

 森友騒動はどこに落ち着くか、時の判断を待つしかないでしょう。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

一番面白かったテレビドラマ

 NHKで放送していた『グッドファイト』。

 抜群に面白く時間が経つのが惜しいほど楽しみに見ていました。

 前身のドラマ『グッドワイフ』のスピンオフドラマですが、現代アメリカをリアルに描いた出色の気味が悪くなるほど現実的なドラマでした。

 すでに放送形態からテレビ配信ではなく、ネット配信という先進的ドラマでした。

 政治と密接につながり、現実の話と密着し、思わず引き込まれました。

 そこから、なかなか予備知識がないと、言っている意味がわからない点もあります。

 しかし、そこを分かるとまたドラマに深みが出て、異様な興味を覚えます。

 現実にトランプ対民主党の事実を下敷きにしていました。

 単純な善悪のドラマではありません。

 アメリカドラマの深さ、凄みを改めて感じました。

(アーカイブス)
2017/03/26(日)
トーマス・マンの『魔の山』読む
 大作長編世界の名作です。

 学生の頃、読みかけて途中でやめて挫折しました。

 今度は結構面白く、かなり手ごたえを感じつつ読み切りました。

 入り口で感じていたものとは全く違う世界が展開した小説でした。

 難解とはいえ、これはまさしく青春小説、若い人向きの小説ではないかとも感じました。

 ただし、若いといっても年齢ではなく、知への探求、未知の世界への冒険心を持った人という意味です。

 それくらい歯ごたえのある小説です。

 語るに尽くせない作品ですが、一番強烈に感じたのが生と死、時間のとらえ方です。

 高校生には難しすぎるかもしれません。

 大学生でも表面的には付いていけるかもしれませんが、本当の意味は分からないでしょう。

 昔の旧制高校の学生は読みこなしたという話は聞いています。

 青春、成長小説ですが、大人が味わえる小説でしょう。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

不祥事と謝罪会見

 不倫、違法薬物、失言、失政といろいろ謝罪し、会見します。

 しかし、よく考えると、発覚したから謝罪し、会見しているのです。

 発覚していなかったら謝罪、会見もありません。

 要するに悪いことをして、悪いことへの自責ではなく、悪いことがばれたから、バレるようなことになったのに謝罪しています。

 これっておかしい話です。

 反省など少しもしていません。

 バレなければ何回でも悪さをします。

 二度あることは三度あるどころかずっと何度もします。

 世に悪は尽きまじです。

(アーカイブス)
2017/03/26(日)
犬の命日
 一昨年の3月13日、金曜日にうちの犬のタローがみまかりました。

 ご近所のお知り合いにペット仲間の方がいて、その方のつてで、火葬とお葬式がスムーズに行われ、大変助かりました。

 もし、それがなかったら、結構面倒なことになっていたと思います。

 本当に感謝しています。

 それにしてもペットは可愛いのですが、命ある限り、別れがつきもの。

 飼い主が元気があるうちは、そのあと、新しい家族を受け入れられますが、もうかなり厳しい状況です。

 日々のお世話も大変になってきます。

 思い出を大切にしていくことにします。

       だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

正義と法律

 正義があって法律があるか、法律があって正義があるか。

 鶏が先か卵が先か、と同じような難題です。

 世に悪法がある、しかし、悪法も法、法に従うのが正義か、従わないのが正義か。

 悪法を変える正義もある。

 正義自体が見方を変えるといろいろありそうだ。

 法から哲学になってくる。

 学者の出番だが、学者も色々いて、かなり怪しい。

 難題だから、識者に盲従するのは危険。

 現代日本、危険に満ちている。

(アーカイブス)
2017/03/20(月)
家の温度に差
 南側と北側で温度に大変差があります。

 十度は違います。

 日が当たるか当たらないかの違いで、この時期、ストーブをつけるかつけないかの違いが生じます。

 寒い部屋で外気が温かいので我慢していると、風邪をひきます。

 油断すると怖い。

 この時期、だから、体調を崩しやすい。

 ただ、北向きの部屋は、結構勉強には適しています。

 頭の回転には、ほんわかしている部屋より、スッキリします。

 良い点もあります。

     だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp
プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR