地下鉄サリン事件当時

 確かあの日は月曜日と記憶しています。

 朝出勤で、最寄りの駅から会社まで歩いていると、職場の先輩の人と一緒になり、「地下鉄でガス爆発が起きたようだよ」と言われました。

 地下鉄でガス爆発? と疑問がわいたのを憶えています。

 その後ニュースでも被害を見るだけで、なかなか原因が分からずじまい。

 ようやく時間が経過し、有毒物による中毒というのが分かってきました。

 当時、霞が関の官庁街に仕事場がありました。

 直行、直退もあったので、まかり間違って被害にあっていたかもしれません。

 オウムの仕業がはっきりしないままだったはずです。

 アパート住まいでしたが、オウムのアジトも近くにあり、今考えると恐ろしいことです。

(アーカイブス)
2014/08/28(木)
有休買取り問題再燃か
 人手不足の一方で、労働者の権利意識の拡大、労働法知識の浸透などあり、労働者の有給休暇(以下有休)への関心、知識も以前より増しました。

 特に退職日が分かっている人の有休残消化が問題となる気配です。

 通常1年間単位で付与消化するペースでも、翌年繰越しはよくあるケース。

 それで結局、有期、正規職員にかかわらず、退職近くになって有休残の問題がはっきりと出てきます。

 法律では、有給休暇の買取りは禁じています。

 しかし、退職まじかの有休残処理に関しては、労使双方の合意、話合いのうえでの買取りは禁じていません。

 これはなかなか難しい問題です。

 労使の力関係によっていかようにも変化してきます。

 使用者の力が強ければ、買取りせず、また、業務に支障が出ないよう残が出ても、それは自然消滅で終わり。

 労働者の力が強ければ、権利だから休むし、出て来いというならば、せめて買取りをせよ、ということ。

 キーポイントは合意、話し合い。

 それまで、労使双方会社のため、自分のため、家族のため、一生懸命経営、働いてきたはず。

 お互い合意の決着点、妥協点?が見つけられると思うのだが、退職まじかになり、労働者の権利意識が強いと難しい。

 有休消化のための退職日延長となると、有休買上げと実質同じことになります。

       だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

米中貿易戦争

 マスコミ論調ではトランプが悪いようになっています。

 しかし、トランプが言う中国の技術移転は確かです。

 日本も高速鉄道から半導体、家電、通信、相当技術を盗まれているはずです。

 アメリカ同様抗議すべきです。

 おまけに金持ち国になった中国に資金も流入しています。

 トランプが怒る前に日本が怒るべきです。

 中国にやりたい放題させている日本がアメリカの怒りの背景にあるような気がします。

(アーカイブス)
2014/08/28(木)
急に気温が下がり犬の調子が悪くなる
 食欲旺盛で、エサをねだらないことはない犬が、エサを残しました。

 びっくりしました。

 こんなことはめったにありません。
 
 散歩に行こうとしてもなかなか動きません。

 ここ数日急に寒くなったのが原因かもしれません。

 その前にカットに行って、毛を短くしたのも関係しているのか。

 とにかく季節の変わり目に弱い犬です。

     だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

オールスターで活躍するチームが勝つ

 例年そうです。

 パリーグは西武で決まり。
 
 一方、セリーグは各チームとも目立った選手がいませんでした。

 オールスター後の混戦を象徴しているようです。

 クライマックスシリーズがあり、優勝しなくても3位までに入れば生き残れるので、以前ほど優勝の価値がありません。

 広島もかつての勢いがなくなってきたように思えます。

 それにしてもオールスターでも2連敗。

 今年の日本シリーズではセが勝たないと面目が立ちません。

(アーカイブス)
2014/08/24(日)
ファンでないと試合は見ない
 プロ野球はひいきのチームがあると試合を見ます。

 サッカーは今のところサポーターではないので、じっくりと試合を全部見るということがありません。

 すべて見るのは、代表チームの試合くらいです。

 まだ、野球とサッカーの違いはあります。

 サッカーが野球レベルの浸透具合になった時点で、代表チームも強くなっていくのでしょう。

 単なるスポーツから文化への変化、進化が今後の生き残りのカギです。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

ワールドカップ騒ぎ

 終わってみれば、日本が負けた後は潮が引いたように興味が失せました。

 誰が監督になってもどうでもよい。

 外国人でも日本人でもどちらでも構わない。

 ワールドカップトーナメント進出で、日本チームの実力が上がったかとなると大いに疑問です。

 攻撃も守備も何か足りないのは事実です。

 世界を知ったメンバーが、Jリーグと所属海外チームでの活躍で、個々の実力をもう一段上げないといけません。

 特に次のワールドカップに出られるかも分かりません。

 アジアの力を共に上げていかないことには、今大会以上の結果は得られないでしょう。

(アーカイブス)
2014/08/24(日)
プロ野球見るのもつかれる
 ひいきのチームが勝たないと、ニュースも見ません。

 実況も負けている場合、チャンス以外は見ません。

 こういうのは真のファンではないかもしれません。

 負けていても応援し、逆転を信じる。

 負ければ、選手をねぎらい、励ます。

 こういうファンに私はなれません。

       だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

巨人は今年もダメかと思ったら

 早々と今年もあきらめました。

 とにかく打ちません。

 打力が勝てるチームになっていません。

 逆転が少なく、また1、2点差で勝っていても抑えが頼りないので逆転されます。

 監督が頼りありません。

 交代も考えてもよいのではないでしょうか。

 と思っていたら、オールスター前に4連勝し、借金1ながらセリーグ2位まで上昇しました。
 
 このまま連勝し、広島に雪辱してもらいたいのですが………

 今のところは、なかなか貯金まで至らず、セリーグは広島以外は混戦です。

(アーカイブス)
2014/08/24(日)
すき家の労務問題は8年前から
 最近牛丼チェーンのすき家の労務問題がニュースになりました。

 こうした労務問題は根深いので、つい最近始まったことではありません。

 すでに8年前の2006年、平成18年に、パートアルバイトの解雇問題でニュースになりました。

 時間外労働の割増手当不払い問題も同時に浮上しました。

 不況の中で経営は厳しく、雇用維持は難しい一方で、労働条件の整備も重要な課題です。

 単に給与を払うだけでなく、労働条件の維持向上は常に労使共に努力しなければなりません。

 残念ながら力関係で、使用者側が違法な労働条件を強いているケースがニュースになります。

 すき家の場合、最初にニュースになったのが8年前。

 全く改善されていなかった。

 残念です。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp
プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR