FC2ブログ

ランドセル問題の新聞記事

 小学生のランドセルが、教材やら宿題やらで重すぎて負担になっているという。

 成長過程にある児童の健康にも影響している。

 新聞が問題にして記事にしています。

 そこで、重い皮のランドセルに代えてリュック型の布製ランドセルを採用している小学校があるということを報じていました。

 ここで気になるのは革製に比べて耐久性はどうか。値段はどうなのか。

 新聞記事はこうした知りたいことはスルーしたかのように最後に数行、値段は皮に比べ安いと書いたのみ。

 一番知りたい耐久性は書いていませんでした。

 新聞記事にするなら読者が一番知りたいことをまず書かないと駄目でしょう。

(アーカイブス)
2015/01/04(日)
辻井さんについて(続)
 すでに世界的なピアニストに成長した辻井さん。

 しかし、テレビ番組で巨匠ウラジミール・アシュケナージ氏が、辻井さんがさらに大きくなるには先生が必要だといっていました。

 同感です。

 今のままでも十分大きな存在になりました。

 しかし、気になるところもあります。

 それは私たちには身近な存在である一方で、コマーシャリズムに利用される度合いが大きくなっている気がしているからです。

 あまりに露出が多く、例えば、コマーシャルソングを弾く姿を見ると少し疑問がわきます。

 矛盾するかもしれませんが、やはり、王道を極めてほしいという気もします。

 芸術家といえども経済が大切、否、過去偉大な歴史上の世界的芸術家も経済で頭を痛めていた。

 それを考えると、いたしかたない面もあるでしょう。

 辻井さんが純粋、素直なだけに、技術上、ピアノ解釈上の先生とともに、今後歩むべき道を指し示す先生が必要なことをはしなくもアシュケナージ氏は指摘したのでしょう。

       だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

鹿島アントラーズおめでとう

 悲願のアジアチャンピオンシップ優勝を果たしました。

 リーグ戦のほうも上位を確保して、後半になって尻上がりに調子を上げました。

 しかし、アジアを制したのは別格の勝利です。

 昨年の浦和に続きJリーグチームの連覇です。
 
 リーグ戦との過密日程で、なかなかアジアでのクラブ選手権には勝てませんでした。

 今年はそれが実現しました。

 ジーコのテクニカルディレクター就任も大きかったと思います。

 相手も国を背負って必死ですから、その中で勝ち抜くのは相当タフだったはずです。

 また一つ鹿島の勲章が増えました。

(アーカイブス)
2015/01/04(日)
スゴイ、辻井さん
 以前から注目していましたが、この年末年始で辻井伸行さんのピアノ番組がよく放送されていました。

 もちろん、演奏会での演奏も素晴らしかったのですが、さらに感動的だったのが、どこでも気軽に演奏をする姿でした。

 普通、世界的なピアニストですと、どこかもったいつけるというか、そうした場では弾かないか、弾いても触りを少しといったところでしょう。

 辻井さんは違います。

 一曲たっぷりと演奏会と同じく完璧にうれしそうに弾きます。

 その場にいた人は感激、感動です。

 番組を見ていてもすごいの一言。

 今までの殻を破った芸術家を実践しています。

 とりわけアジアの人々の前でピアノを弾いたときの周りの人の感動、涙に感じ入りました。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

サッカーは国際試合が面白い

 やはり国を背負って真剣にしないと、勝負を見ていても手に汗握りません。

 その意味ではまだサッカー人気が真に定着していないのかもしれません。

 国内リーグ戦で、国際試合並みに手に汗握る勝負をしないと将来はないかもしれません。

 国代表だけでなく、カップ戦でも同様です。

 まず、アジアで勝ち抜き、世界相手にも戦って勝ち抜く。

 そうしないと、これからサッカーは将来はないかもしれません。

(アーカイブス)
2014/12/27(土)
テレビはCMが主、他は従
 テレビのCMが長くて、トイレタイムに行ってもさらにCMをやっているのがざらです。

 私は近頃、CMに入ると他のチャンネルに回し、気付いたときに元のチャンネルに戻すとすでにその話題は終わっているということが多い。

 だから、本当に続きが見たい場合、しかたなくCMを辛抱強く我慢してやり過ごすしかありません。

 その結果、続きを見た場合でも、我慢したほどその価値がなくてがっかりする場合が多い。

 見方を変えると、テレビというのはCMが主で、視聴者が主と思っているCM以外の部分が従ということでしょう。

 そう考えると納得がいきます。

 どうしても見たい番組で民放なら、録画してCM飛ばしで見る、これに限ります。

 どうしても見たい番組はあまりないですが………

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

CM超長い

 昔はトイレタイムといいました。トイレに行くのに、ちょうどよい時間くらいCMが流れました。

 今は、CMがある程度流れ、その途中でトイレに行くのを忘れていたと思ってトイレに行く。

 トイレが済んで、またテレビに向かうとまだ延々とCMが流れている。

 このくらいCMが長いと、CMが流れる前のことを忘れるのではないかと、テレビのほうが心配してくれて、前の部分をご丁寧にまた再度映してくれます。

 だから、放送時間のうち、CM以外の内容は実質半分くらい。

 要するに、視聴者のためにテレビは放送しているのではなく、スポンサーの為に放送しています。

 本音はすべてCMにしたいのではないでしょうか。

(アーカイブス)
2014/12/23(火)
ファミレスより普通の店
 ファミレスは入りやすいし、値段もお手頃だし、居心地よく長居でき、それはそれで快適です。

 しかし、本来の売りである料理の味が見た目ほどではないように感じます。

 見た目が良いので、味が期待以上ではないこともあるでしょう。

 これに反して、ファミレスでない普通の飲食店は一見入り難い店が多い。

 もちろん、長居はご法度。食べたらすぐに退散しないと気まずい。

 ただ、肝心の料理の味でお値段以上に美味しいと感じるケースがファミレス以上にあります。

 そうでない場合もありますが、大げさに言うと感動する味に出会う機会がファミレスより多い気がします。

 地元のチェーン店でない飲食店を開拓する意味は大いにあります。

 入り難いが、掘り出し物のお店を発見する幸運に恵まれる機会が多いはずです。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

自己責任

 危険地域に行ったジャーナリストが、大騒ぎさせたうえで帰ってきました。

 自己責任論を中心に非難されています。

 私は自己責任ではなく、ご本人が公に対して責任があると思っています。

 自己責任は誰でもあります。

 自己責任以上に、厳しい責任が、危険地帯に敢えて取材を敢行するジャーナリストには求められるのが当然だと思います。

 自己責任論では甘いということです。

(アーカイブス)
2014/12/23(火)
ハッカーとはもともと敬称
 本来優秀な技能を有するコンピュータ技術者へのリスペクトの意味で使われていたとのこと。

 その技術を使って悪さをするクラッカーという名前のいたずら者とは区別されていました。

 いつの間にか、ハッカーの名前が普及し、ハッカーも悪い意味を持ってしまいました。

 悪いハッカーをブラックハッカー、本来のハッカーをホワイトハッカーと呼ぶ場合もあるそうです。

 が、あまりなじみがありません。

 電脳技術に熟練するには、単に機械操作ではなく、元の理論・仕組みを熟知していなければならず、ハッカーはやはり相当な希少価値であり、大した才能です。

 その技術で本来のハッカーに、クラッカー、ブラックハッカーの奴らを駆逐してほしいものです。

      だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp
プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR