FC2ブログ

郵便局が大混雑だった

 年明け4日に郵便局に行ったら、押すな押すなの大混雑でした。

 みんなが郵便局のオープンを待ちわびて殺到したようです。

 私もその日、書き損じのはがきを代えに郵便局に行きましたが、あまりの混雑に帰ろうかなと思ったくらいでした。

 時間もあったので、整理券を取って、10分くらい待ってようやく用を足しました。

 正月休みが続いている人もいたでしょうが、大部分の人が、通常モードに入り、郵便局に殺到したのでしょう。

 それにしても結構気長に待っている人が沢山いたのには驚きでした。

 休み明け、それも正月明けの郵便局には要注意と改めて思いました。

(アーカイブス)
2015/03/08(日)
原発、スタートから間違い
 安全神話がありました。

 しかし、それは間違いでした。

 関係者は原発が危険なことを一番知っていました。

 それにもかかわらず、というか、それだから、安全神話をPRしたとしか思えません。

 原発の必要性、安全性を謳ったテレビコマーシャルをよく憶えています。

 テレビの影響力は大変大きい。

 いつの間にか、頭に刷り込まれ、それが事実、真理のように信じています。

 原発導入に踏み切った当時の東電社長、木川田一隆氏は、悪魔の契約としてゲーテのファウストになぞらえていたそうです。

    だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

平成の大ニュースに疑問

 平成も最後で、30年を振り返る企画が、マスコミに取り上げられました。

 プロ野球ベストプレーヤーと同じく、大ニュースで取り上げられない、いわば偏りがあることに不満があります。

 中国、北朝鮮、ロシア(ソ連)関係のニュースが、微妙に省かれています。

 良くマスコミ、野党が忖度忖度と言って、政府与党を批判しますが、マスコミが中国、北朝鮮を忖度しているようです。

 マスコミが言っている公平中立が、本当にそうなのか、大いに疑問です。

 表向き、公平中立を装って実は偏向している。
 
 実際はどうなのか、もう大体の人は気づいているのではないでしょうか。

(アーカイブス)
2015/03/01(日)
都電荒川線に乗る
 外出先が入谷近辺で、健康とついでにバス代節約も兼ねて、行きは急ぐ時以外は鶯谷から歩いています。

 帰りは今まではまた鶯谷まで歩くか、急いでいるときはバスで日暮里に行くか、または運動がてら日暮里まで歩いたこともあります。

 いずれにせよ、結構歩きます。

 行きはまだ元気があるのでそれほど距離感は感じませんが、帰りは同じ距離でも遠く感じます。

 この間は初めて三ノ輪から都電荒川線に乗りました。

 まず、三ノ輪の駅を探しましたが、小さな商店街を突き抜けたところにありました。

 都内で唯一残っている都電。いわゆるチンチン電車は風情がありました。

 初めて乗ったときは嬉しくて終点の早稲田まで行ってしまいました。

 つい先日、二度目に乗ったときは、今度は池袋駅を目指し、東池袋で降りました。

 しかし、都電の駅からは結構、池袋駅までは歩きました。

 今回も都電に乗って、少し旅気分になりました。

     だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

兼高かおるさん訃報

 子供のころ日曜朝TBSの「兼高かおる世界の旅」という番組をワクワクしてみていました。

 今と違って、リポーターが世界を旅して紹介する番組が殆どない時代でした。

 この放送を見て、外国情緒に触れ、海外に夢をはせました。

 兼高さん自身のキャラクターも魅力的でした。

 現地紹介のフィルムを見ながら、ナレーターの芥川隆行氏との掛け合いも楽しかった。

 さらに、この番組のスポンサーが確か三井物産だったと記憶しています。

 空に"三井"のアルファベットをジェット機がかたどる今から思うと相当手間暇かけたCMも鮮明に覚えています。

 普通、番組内容だけを記憶しているものですが、この番組はCMも思い出になっています。

(アーカイブス)
2015/03/01(日)
近くの評判の定食屋さんに行く
 東村山に引っ越して、噂には聞いていましたが、なかなか行く機会のなかった評判の定食屋さんについに行ってきました。

 噂どおり、スッと入るには少し勇気のいる外観でした。

 それでもそれほどはお客を拒否している感じの構えでなく、少し迷ったものの、のれんのある口から入りました。

 中は割と小ざっぱりした感じでした。

 目の前に厨房があり、ご主人が料理しているのが見えます(いまどき希少価値です)。

 カキフライ定食を頼みました。

 ファミレスにはない美味しさ、充実感がありました。

 次に行く時は何を頼もうか、楽しみが増えました。

     だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

喪中なのに年賀はがきが来る

 喪中のはがきを出したはずなのに、何枚か年賀はがきが来ました。

 今年は面倒な年賀はがきから解放されると思っていたのに、正直、げんなりしました。

 まあ、しかし、思い直して、相手も悪気はなしに出したのだろうと7日に寒中見舞いを出しておきました。

 相手としたらついうっかりと年賀状を出してしまったということなのでしょう。

 これとは別に、相手が喪中でも関係ないと思っている人も世の中にはあるやに聞きます。

 喪中の年くらいは年賀状からは解放されたいと思います。

 そして、年賀状自体、どうでもよいと感じ始めています。

 これは今年の感覚ではなく、ここ数年の話です。

(アーカイブス)
2015/03/01(日)
部屋がなかなか片付かない
 領収書の整理をしなければならず、否応なく、部屋を少し片づけました。

 しかし、結構、書類を捨てたつもりでも、あまり、すっきりと片付いていません。

 まだまだ、机の上は以前のままです。
 
 とりあえず、初期の目的は達しました。

 また、追々片づけていこうと思います。

     だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp

芸能人駅伝が面白かった

 正月番組で一番面白かったのが、芸能人駅伝でした。

 走り自慢、体力自慢の芸能人が4人1組で、秩父のアップダウンのあるかなり厳しいコースを走るという企画でした。

 前半に飛ばし過ぎて失速する者がいたり、若手女性芸能人が意外なほどのしっかりした走りをしたりで、接戦となり、最後まで勝敗が分からず、手に汗握らせました。

 結局、前半の貯金が物を言って、アンカーの猫ひろしの追い上げをかわした森脇チームの優勝となりました。

 勝敗の行方もさることながら、皆、必死に一生懸命走る姿に、本物の駅伝以上にエキサイトしました。

 素人に近い実力者と、玄人の猫選手の違いにも驚きましたが、とにかく身近に感じる選手が熱戦を繰り広げたので、大変惹きつけられました。

 本当に面白く堪能しました。

(アーカイブス)
2015/03/01(日)
倫理研修を受ける
 5年に一度、社労士倫理研修を受けなければなりません。

 先月、2回目の倫理研修を受けてきました。

 初めてのときに比べると、少し自分自身の変化を感じました。

 それは、実例問題の大体の回答が分かったことです。

 初回のときの感想は、「きれいごとを言って………」という印象を受け、実例への回答も迷った記憶があります。

 その時よりは、今回の研修時の方が、大体の結論が見えました。

 時間だけが経ったような気がしていましたが、少しは成長したのか、と感じました。

     だいじ経営年金事務所http://daizizimusyo.jp
プロフィール

daizi550

Author:daizi550
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR